ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本戦東京ドームPV 観えないの声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月15日に行われたサッカーワールドカップブラジル大会・日本対コートジボワール戦では、日曜日の午前10時キックオフという好条件だったこともあり、日本各地でパブリックビューイングが開催され、多くのサッカーファンが一丸となって応援した。その様子は、ツイッターなどでネット上でも報告されている。

【画像や図表を見る】

そのなかでも特に規模が大きかったのが、東京ドームでのパブリックビューイングだ。スタンドだけでなく、フィールドも観客に開放、3万5000人(主催者発表)の大観衆が、日本代表の戦いに一喜一憂したのだ。ツイッターには、

「ほんだのゴールで東京ドームまじゆれた。W杯あつすぎ!!!」
「日本負けちゃったけど楽しい1日でした」

と、盛り上がった様子が投稿されている。当日の東京ドームでは、通常のオーロラビジョンに加えて、ライトスタンドとレフトスタンド前に505インチの大型ビジョンを設置。しかし、内野スタンドからビジョンまでかなりの距離があったことから、必ずしも見やすいという状況ではなかったようだ。ツイッターでは、こんな意見が寄せられていた。

「東京ドームのPV行ったけど、映像がよく観えなくて瞬時に状況を理解できなくてもどかしかった。音響もワンワン響いちゃって、中継の音もドーム内MCの声も、何言っているか聞き取れず」
「試合内容はともかく、東京ドームのPVは残念だったなぁ。Jの試合を指定で観れるぐらいの金取ってあれじゃあねぇ」(原文ママ)
「東京ドームのPVは画面が遠すぎてじぇんじぇん見えません」

普段からサッカーのパブリックビューイングを開催している場所ではないということもあるのか、とにかく映像が見えないという不満が多かった。

今後、ギリシャ戦(6月20日午前7時キックオフ)、コロンビア戦(6月25日午前5時キックオフ)でも日本各地でパブリックビューイングが行われる。大規模スタジアムでは、埼玉スタジアム2002でも開催。有料だが、同スタジアムはパブリックビューイングで使用されることも多いので、快適に楽しめそうだ。また、アクセスを考えると、映画館やスポーツバーなどは便利だろう。

一方、静岡県のエコパスタジアムでは、無料で観戦できる。そのほか変わったところでは、山形県米沢市の西蓮寺でも無料でパブリックビューイングが楽しめる。

ギリシャ戦もコロンビア戦も平日の早朝ということで、参加するのは簡単ではないかもしれないが、次こそは日本の勝利を信じて、みんなで応援してみては?
(R25編集部)

日本戦東京ドームPV 観えないの声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ひと味違う!W杯応援ファッション
途中出場ドログバに「ラスボス」説
W杯「低身長チーム」の方が強い?
記憶に残るW杯事件簿TOP10
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP