ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮想ギリシャ戦で活躍の遠藤保仁 対策知り尽くし本番も期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20日、サッカー日本代表はW杯ブラジル大会グループリーグ第2試合でギリシャと対戦する。ここでキーマンとなるのが、日本代表最多出場記録(144試合)を持ち、2005年にギリシャに勝った時にもプレーをしていたMF・遠藤保仁だ。遠藤は、W杯開幕前、釜本邦茂氏と本誌で対談。そこで遠藤は、ギリシャ戦に対する自信を覗かせていた。
 最も想定が難しい相手にも感じられるのになぜ、遠藤には「自信」があるのか。それにはこんな理由があった。
 2005年のドイツ・フランクフルトでの試合で、日本は終始積極的にギリシャを攻め立てた。前半からFWの玉田圭司、柳沢敦が立て続けにシュートを放って、ギリシャゴールを脅かす。そして後半30分、途中出場した大黒将志がゴールを決め、1-0で勝利した。
 この試合を有利に運べた理由は、なんといっても中盤で日本のパスが繋がったこと。細かいパスワークから点を取るという、今の日本代表に通じるスタイルで勝利したのである。
 ギリシャ戦は、予選突破のためには絶対に落とせない試合となる。そのため日本代表はギリシャ対策に特に力を入れてきたようだ。それは、本番を前に行なわれた親善試合の相手でもわかる。サッカー誌記者は語る。
「一般的に『仮想ギリシャ』といわれたのは、日本で試合をしたキプロスでした。大型DFによる堅守が売りの欧州チームで、確かに似ている。ただ、世界ランクが12位のギリシャに対し、142位のキプロスでは能力的にかなり劣るという問題もあった。
 その意味で、キプロス戦後に戦ったコスタリカ(28位)こそ、仮想ギリシャだったとも見られる。実は日本サッカー協会の原博実専務理事も、“コスタリカはカウンターが鋭い”として、ギリシャに酷似していることを指摘していました」
 日本はこの2試合ともに勝利。キプロス戦は決定力に欠ける1-0の辛勝だったが、コスタリカ戦では課題を修正。3-1と鮮やかな逆転勝利を収めた。
 実はこのコスタリカ戦の勝ち方を、遠藤は“予言”していた。対談時、グループCの3か国のうち、ギリシャに対して特に具体的な戦術を描いていたのだ。
「ギリシャのような守備の堅いチームの場合、攻撃面ではとにかく縦パスを多用し、FWがその堅守を切り崩していくことが大切です。守備面では、身長が高く、体格がいい選手が揃っているので、やはりセットプレーが脅威。簡単にボールを入れさせないようにしないといけない」(前出の記者)
 コスタリカ戦での逆転劇は、遠藤が投入された後半に起きた。1点目はFW・岡崎慎司のロングカウンターから、前線でボールを繋いで遠藤が決めたもの。2点目、3点目は、まさに「縦パス」を多用して決めたものだった。
「ギリシャ対策を知り尽くしている遠藤が入ってから、チームはガラッと変わりました。本戦も期待できると思います」(前出の記者)
 日本が決勝トーナメントに進めるか否か。そのカギは、大ベテラン・遠藤の頭脳と両足が握っている。
※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遠藤保仁が語るW杯ギリシャ戦攻略法「縦パスを多用すべき」
遠藤保仁 C組の中でギリシャが一番やりやすいと思っている
ギリシャ危機に対処するEU首脳に関するジョークを3つ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP