ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「SuperSU」がv2.00にバージョンアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root化したAndroid端末において、アプリからroot権リクエストを制御するのに利用されるAndroidアプリ「SuperSU」がv2.00にアップデートされました。v2.00は、v1.98とv1.99の変更を含むメジャーアップデート版です。外観や機能面の変化はありませんが、動作の改善やバグの修正など内部的な変更が多数行われており、さらに安定性が向上しました。時々やってしまうプロンプト枠外をタッチして消してしまうことが、v2.00での仕様変更によって起きなくなりました。また、Android 4.2.2以下におけるいくつかの問題もv2.00で修正されています。CWM/TWRP経由でSUバイナリをアップデートする機能における問題を修正sugote向けのbachuptoolスクリプトを更新Android 4.2.2以下におけるSUバイナリの検出機能の問題を修正表示からの確認ポップアップを防ぐコンテキストスイッチの問題を修正アプリインストール時に発生したいくつかの問題を修正アプリ内アップデート機能の問題を修正新しいAOSPコードに対応させるためにさらなる更新を実施プロンプト枠以外をタッチしてもプロンプトが消えないように変更スリープ中の権限要求プロンプトは10秒後に拒否するよう変更Android 4.2.2以下におけるプロパティへのアクセスを修正busybox関連のバージョン番号検出機能における問題を修正画面OFF時に拒否された要求をロックを解除時にトースト表示「SuerSU」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
DroidPack Wallpapers : 500枚以上のメーカー・Google純正壁紙をダウンロードできる壁紙アプリ
Googleは“Athena“プロジェクトでChrome OSのタブレット向けUIを開発中?
HTC、HTC One(E8)を発売開始からわずか15分間で5万台販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP