ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴史的大ヒットを記録した恋愛映画の原作者がネット上で炎上中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本国アメリカで封切られるや、『マレフィセント』など超競合を抜いて初登場1位となった、爽やかで切ないラブストーリー『The Fault In Our Stars(原題)』。涙なくして観られないという前評判どおり、鑑賞中泣きすぎて辛いという客が続出。ネット上には大もとの原作者に対し、なぜか「Fuck You!(お前なんか大っ嫌いだ!)」の声が続出している。

この『The Fault In Our Stars』は、ジョン・グリーンのベストセラーとなったヤングアダルトノベルを映画化したもので、ガンに冒された16歳のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)と17歳のオーガスタス(アンセル・エルゴート)の淡い恋を描いた物語。設定からして間違いなくハンカチ必至なわけだが、泣きポイントがあちこちに散りばめられているらしく、観終わった後には顔がパンパンに張れてしまったという人も。

この事態を受け、既に鑑賞した人たちの中には、

「ジョン・グリーンは私の人生をめちゃくちゃにした。死ねばいいのに」
「FUCK! YOU! JOHN! GREEN!」
「いい話だけど辛すぎる!fuck you!」
「ジョン・グリーンは史上最高のくそったれだぜ!」
「まだ胸が痛い。Fuck You John」

と、辛すぎて原作者にあたる人が続出。しまいには、ジョン・グリーン本人のツイッターアカウントに向け思いの丈をぶちまける人も。

オープニングの週末だけで4,820万ドル(約48億2,000万円)の興行収入を上げる大ヒットとなっている本作。日本での公開はまだ未定だが、原作は「さよならを待つふたりのために」の邦題で発売されているので、ひと足先に読んでみるのもいいかも。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP