ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今日はスマホお休みデー。書くことってすばらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


私たちの生活にいまや欠かせないスマホですが、たまにはお休みして、万年筆をつかってみるのはいかがでしょうか?

ボールペンより個性的で愛着がわく

万年筆はボールペンより個性的で書き味がなめらか。
少しお値段は高めですが、自分だけのお気に入りの1本を見つけると、それだけに大切につかおうという気持ちになります。

正しい持ち方が身につき、疲れにくい

万年筆は正しい持ち方をしないとインクが出ない構造になっているため、つかっているうちに正しい持ち方が自然と身につきます。
手にストレスがかからないため長時間書いても疲れず、楽に文字を書き続けることができます。

トメ、ハネ、ハライを意識するので、字がきれいになる


▲クリアーキャンディドット万年筆(SAILOR
「もっと気軽にカジュアルにつかえる万年筆」をコンセプトに展開している、キュートな万年筆。
万年筆は筆圧によって字の太さが変わるもの。その結果トメ、ハネ、ハライを意識するようになりますので、字がきれいになります。
大人になると結婚式のゲストブックへの記入など、案外手書きが多くなりますが、そんなときにも恥をかかずにすみますよね。
最近はおしゃれでカジュアルな、女子向け万年筆も増えています。あなたもキュートなお気に入りの1本を見つけてみてくださいね。
old fountain pen and ink image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
名刺がないっ! を回避できる簡単なこと
忙しい朝でも納得のいくコーデでキメる、3つのテクニック
レンジの現代アート。とんでもない失敗作たち

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP