ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梶裕貴×上坂すみれ 超豪華キャストが全力でふざけ倒した『攻殻機動隊』パロディが酷いw

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本が誇るSFアニメの金字塔『攻殻機動隊』。あのスピルバーグ監督が映画化権を獲得するなど、まさに世界に認められた大傑作を、梶裕貴と上坂すみれという、いま最も”旬”な声優コンビが全力でぶっ壊した<パロディ版>があるのをご存知だろうか。

そのパロディアニメのタイトルは『攻殻機動家族』。本作では、「素子とバトーが夫婦」という、原作ファンが知ったら卒倒しそうな設定で、現実と電脳空間を駆使した”サイバー夫婦喧嘩”の様子を描いている。見どころは、梶さん演じるバトーのハジケっぷり。原作の渋い中年とは似ても似つかない、おバカで情けない恐妻家ぶりを熱演し、「史上初の2年連続声優アワード受賞者」の実力を(ムダに)見せつけている。

【動画】http://youtu.be/uYC28PqLOno

このパロディ版『攻殻機動隊ARISE』は、バランス栄養食品「カロリーメイト」が展開するパロディアニメプロジェクト「チャンネル5.5」のシーズン2にあたる。監督は、『秘密結社 鷹の爪』などで知られるFlashアニメの奇才FROGMANが務めている。

前作シーズン1では『金田一少年の事件簿』を取り上げるなど、およそ3ヵ月ごとに日本の名作アニメを次々とぶっ壊し続けている本プロジェクト。7月には、いよいよ新シーズンがスタートするということなので、果たして今度はどんな豪華キャストが起用されるのか、そしてどんな大作が”台無し”にされてしまうのか。日本最高のスタッフ陣の”悪ふざけ”に、ぜひ注目したい。

【参照リンク】
・攻殻機動家族
http://youtu.be/uYC28PqLOno 
・チャンネル5.5
http://cmt-ch5-5.tv/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。