ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジロッ久(仮)・藤原がライヴ中に骨折、全治2〜3ヶ月

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フジロッ久(仮)・藤原がライヴ中に骨折、全治2〜3ヶ月
フジロッ久(仮)のリーダーでフロントマンの藤原亮(Vo、Gt)が、6月15日に京都VOX HALLで行われたライヴ中、全治2ヶ月を超える大怪我をしていたことが判明した。
事故は彼らの代表曲のひとつ「アナーキー・イン・ザ・あらかわ」の演奏中に起きた。興奮した藤原が、曲の間奏中に高さ約4メートルの照明器具上のスペースへハシゴで登り、ダンス、絶叫を繰り返したかと思うと、次の瞬間に飛び降りる。そのさいに左足のかかと部分を負傷、最後まで痛みに耐えながら演奏を続けた。ライヴ後の深夜、藤原は病院へ緊急搬送され、全治2~3ヶ月の骨折と診断された。
メンバーの高橋元希はツイッターで「大丈夫かと思っていたのですがダメでした。命に別状はないのでご心配なく!!!」とファンに報告した。なお、今後決まっているライヴは予定通り行うとのこと。藤原の早期回復を祈りつつ、これからの活動にも期待しよう。(前田将博)
・フジロッ久(仮)『ニューユタカ』特集ページ (音源もOTOTOYで配信中)
http://ototoy.jp/feature/2013110601
・フジロッ久(仮)オフィシャルサイト
http://blog.livedoor.jp/fujirock/

・7/2(水)渋谷STAR LOUNGE
BALLOND’OR presents〈HOLLY SUMMIT-world in the uniform night-〉
・7/25(金)@渋谷milky way
Shibuya Milkyway 4th Anniversary Event あゆたたた PRESENTS〈ぽぎゃら!!〉

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。