ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大量の売れ残りが出る大雨の日 割引多くなり買物のチャンス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジメジメとして嫌な気分の梅雨時。しかし、梅雨だからこそのメリットもあるという。節約アドバイザー・丸山晴美さんが、梅雨時ならではの買い物術を教えてくれる。
「天気予報をチェックして、夕方まで大雨の日があるなら、その夜に買い物するのがおすすめ。雨が降るとスーパーは客足が落ちて、食材が大量に余ります。閉店間際に半額や3割引といった見切り品がたくさん出るため、安くゲットする大チャンスです」(丸山さん)
 また、夕食後に買い物に行けば、お腹が満たされている状態で商品を見るので、不要な総菜などを買わずに済む効果も。
「特にひき肉などの加工品は、傷みが早いので割引されやすい。買ってすぐ冷凍保存すれば難なく使えます。野菜は長雨が続くと品薄になり、高値になりがち。価格が安定している冷凍野菜なども上手に食卓に取り入れましょう」(丸山さん)
※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本
貯金するには無駄遣いしたものをノートに書き込むのが重要
野菜や果物が値上がり中だが米は前年比15%安くなっている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP