ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クレジットカード ポイント還元で生涯600万円得することも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カード決済が一般的になった昨今。成人1人あたり平均3.1枚のクレジットカードを持つ時代に(2012年3月末時点、日本クレジット協会調べ)。とはいえクレジットカードと現金払いでは、実際のところ、どちらがどのくらい有利なの?
 ここで試算をしてみる。たとえば、還元率7%のカードで、20才から70才まで月35万円分支払い続けた場合、1470万円分の還元ポイントを得られることになる。一方、還元率5%のカードで月20万円分支払いし続けた場合、還元ポイントは600万円分だ。
「この試算のように、還元率の高いカードでそれなりの決済金額を続ければ、生涯600万~1470万円も得できます」(クレジットカード評論家・岩田昭男さん)
 クレジットカードの魅力は決済の便利さだけでなく、ポイントやマイルが貯まり、割引があるなどのお得さ。ポイントは商品交換やキャッシュバックできるものもあり、最近はコンビニから家賃、税金と決済できる範囲がどんどん広がっている。
「カードの還元率は、平均0.5%で、1000円の買い物で5円のおまけがつく計算。銀行普通預金の利子0.02%に比べれば高い率であり、賢く活用すれば増税分も取り戻せます」(岩田さん)
 百貨店カードは、使用金額によって、5%や10%のポイント還元率になるものもあるので、同じ店で買うなどして、上手にポイントを貯める工夫を。
※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ポイントが貯まるクレジットカードの選び方 3か条を解説
飲み会で得する術 幹事やりクレジットカードのポイント獲得
「カードとポイントうまく使えば3000万円節約可能」と評論家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。