体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【人とくるまのテクノロジー展2010】トヨタのパーソナルモビリティロボット『Winglet』に試乗できる!

『Winglet』の試乗ができます

5月19日から21日までパシフィコ横浜で開催されている自動車技術の展示会『自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2010』。トヨタ自動車は、パーソナルモビリティロボット『Winglet(ウィングレット)』を出展しています。

『Winglet』3タイプがずらりとそろう

『Winglet』は、2輪駆動の電動パーソナルモビリティ。センサで姿勢を検出することで、安定した状態のまま走行できます。最高速度は時速6kmで、1時間の充電で最長10kmの走行が可能です。会場では3タイプの『Winglet』を展示、申し込みの先着順で『Type L』に試乗できるので、興味ある方は特別企画展示のコーナーを目指しましょう。

『Winglet』の『Type L』

『Type L』は、ハンドルをつかんで搭乗し、だれでも扱いやすいユニバーサルモデル。

『Winglet』の『Type M』

『Type M』は、扱いやすさと操作性を両立させたアクティブモデル。

『Winglet』の『Type S』『Type S』はたたんで持ち運びが可能

『Type S』は、両手が自由な状態で走行できるスポーティモデル。たたんで持ち運ぶこともできるコンパクトなモデルです。

体重移動で旋回

前後の体重移動で前後に走行し、ステップを踏み込んで左右に体重移動すると旋回できます。筆者は残念ながら乗れませんでしたが、『セグウェイ』やホンダの『U3-X』より簡単に乗れそうです。今のところ実用化されても公道は走れないでしょうが、自転車代わりにこんな乗り物で移動できる未来を楽しみに待ちたいところです。

※すべての写真を見るのはこちら

■関連記事
【東京モーターショー2009】注目の『U3-X』が間近で見られる!でも乗れないよ!
【東京モーターショー2009】ヒトとクルマをつなぐ“魔法のカギ”『LOOP』
【東京モーターショー2009】ゲーマーはここを目指せ!“体感シミュレータ”ブースガイド

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。