ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正真正銘“ワイヤレス”で、世界最小のイヤホン 資金募集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやiPodなどで音楽を聴くことが多い人には、イヤホンやヘッドフォンは必需品。しかしイヤホンにはコードが付きもので、絡まってしまったり、顔のあたりで邪魔になったり、どうも煩わしさがある。
これまでにも“ワイヤレス”を掲げるイヤホンが発売されているものの、実際には左と右のイヤホン同士がコードでつながっていたり、本当の意味で“ワイヤレス”とはいえないものだった。
スウェーデンの企業が開発している「Earin」は、“世界最小のワイヤレスイヤホン”だという。さまざまな技術を活用し、真のワイヤレスイヤホンを実現しようと取り組んでいる。
イヤホン内部にはBluetoothチップを搭載。まずシグナルを左イヤホンで受信。それをそのまま右イヤホンに送信し、ワイヤレスな構造およびステレオサウンドを実現した。
イヤホン自体が非常に小型であるため、内部構造をコンパクトに収める必要がある。不要な機能は極力カットしたほか、小型の構造かつ電力効率のよいbalanced armature(バランスドアーマチュア式、BA式)のドライバを採用することで、サイズのコンパクト化という問題をクリア。このBA式とは、耳に障害がある人向けの補聴器や、ハイエンドなイヤホンなどによく用いられているものだ。
また、イヤホン内部に搭載できる程度の、非常に小さいバッテリーが必要となってくる。「Earin」の電池はおよそ3時間程度しかもたないが、円筒型をした専用ケースに入れておくだけで、常に充電状態となり、全部で約6時間程度の持続使用が可能になるという。自宅に帰った後、専用ケースを充電すればいいというわけ。
この“世界最小のワイヤレスイヤホン”は、現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中。「Earin」は2015年1月提供開始予定で、市場価格は159ユーロとなる見込み。すでに早期予約注文のいくつかは完売するなど、人気を集めているようだ。
Earin

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP