ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内屈指のジャズ・フュージョン系アーティストが一同に会したスーパーバンド、OBATALA SEGUNDOのスタジオ録音盤ついにリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1997年にOBATALAとしてスタート。P-VINEからファーストアルバムをリリースし、1万枚のセールスを記録。2007年に第2期OBATALAとしてOBATALA SEGUNDOと改名、2014年7月、結成7年目にして、ジャズ/フュージョンファン待望のスタジオ録音盤をついにリリースする。

日本を代表するジャズ、フュージョンのフィールドで活躍するメンバーで構成されたトロンボーン奏者中路英明が率いるスーパーバンド、OBATALA SEGUNDO。

LA DECISION NUEVE(9番目の決意)と冠された本作は彼らの強い意志と覚悟に裏打ちされた、シリアスで、美しく、儚いながらもラテンテイストなダンサブル楽曲が並ぶ。ジャケットに採用された手もメンバー6人によるもの。

限定アナログ12インチレコードのアルバムサンプラーには日本が誇るベースミュージッククリエイターMystica Tribeのリミックスを収録。

リリース情報:
アルバムタイトル:LA DECISION NUEVE(9番目の決意)
2014年7月16日発売
収録曲:
1.GEN,GEN,GEN
2.AM
3.DELTA PORTE
4.GRACIAS
5.NORTH SIDE SUITE  PRELUDE~SOFTLY&KINDLY~WINDS BREEZE~LONGING~NEMURO SONG
6.OBATALA
7.LA DECISION NUEVE
レーベル:FIRST CALL RECORDINGS
定価:3000円(税抜)

FIRST CALL RECORDINGS:http://firstcallrecordings.soundfinder.jp/
SOUND FINDER :http://www.soundfinder.jp/ 関連リンク ■中路 英明 OFFICIAL WEB SITEhttp://emperador-tb.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP