ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい恋に踏み出すのが怖いときに、考えてみること

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大人の男性の立場から、さまざまな経験を元にユニークなアドバイスを与えてくれる「おっさんレンタル」で活躍中の西本さん。直接会って話せることから、いま20代女性がこぞって恋愛相談に訪れています。
新しい恋に進むのが怖い…

「7年前に婚約者を病気で亡くしました。ひとりで仕事と猫と生きていこうと決めていましたが、最近気になる人ができました。この男性が亡き彼に似ていて、恋愛関係に進むべきか悩んでいます…」(Iさん/会社員32歳)

過去のことは隠さず話す
おっさん:気になる男性との関係はどんな状態なんでしょう? 亡くなられた彼氏さんの話はしてるん?
Iさん:話しています。いまでも彼のことは大好きで大切なんです。
おっさん:ほんで、気になる男性はなんて言ってるん?
Iさん:すごく優しい人で、結婚前提に真剣におつきあいしたいと言ってくれています。
おっさん:ほな、なんも問題ないね。
過去より未来を大切に
Iさん:でも怖いんです。ずっと猫が生き甲斐で、このままひとりでやっていこうと思っていたのに…。過去のことを全部忘れて、いまの彼だけ見ることはできないと思うんです。
おっさん:それでいいんや。これからの人生を大切にすれば。天国の彼氏さんはIさんがひとりで生きていくことなんて望んでへんよ。誰かに愛されて生きて欲しいと思っているはずです。
Iさん:幸せになることを、許してくれるでしょうか?
おっさん:もちろんや! 思いっきり幸せになって、かわいい赤ちゃんを授かるんやで。愛した人には幸せになって欲しい、それが男の一番の願い。最高の笑顔で祝福してくれるで。
Iさん:わかりました。
東京オリンピックを、お子さんと3人で観戦しているIさんが想像できるわ。
fair traveler image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
日常に出会いを呼び込む3つの方法
男性がつかう「恋の駆け引き」に振り回されない方法
SNSで気になる彼を発見! スムーズに友だち申請する方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP