ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のメイク崩れ、効果的に防ぐには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

保湿をサボると、皮脂が出やすくなりメイク崩れの原因に

梅雨に入って湿気と夏の暑さが加わり、メイク崩れが気になる季節となりました。今回は、メイク崩れを防ぐスキンケアのポイントと、メイク時に気をつける点について紹介します。
夏になると皮脂が出やすくなるために、「化粧水だけで済ましてしまおう」と考えている人も多いと思います。夏でも保湿は大切で、肌に合った乳液やクリームを使わないといけません。保湿をサボると、逆に皮脂が過剰に出やすくなり、メイクが崩れしやすくなってしまいます。
テカリやすいという人は、化粧水の後につけるクリームや乳液をさっぱりタイプに変えてみたり、付ける量を少なめしたり、肌に薄く伸ばすようにしてみてください。肌をゴシゴシするのはNGです。夏は冷房などで乾燥しているため、保湿は忘れずに行ってください。

テカリが気になるTゾーンをパフでしっかり抑える

ベースメイクの後に、炭酸スプレーなどを顔にひと吹きするのも、毛穴が引き締まってメイクの持ちが良くなるのでオススメの方法です。
また、メイクの際、テカリが気になるTゾーンを他の部分よりやや強めにパフで押さえてあげることで、メイクが崩れにくくなります。
そして、特に落ちやすい眉尻などは、「アイブロウコート」がオススメ。これを眉尻のみに薄くつけることで、消えにくくなる「優れモノ」です。私が、現在のメイクレッスンで使っているアイブロウコートは「キャンメイク」のものですが、肌に合えばどこのメーカーでも良いでしょう。ドラックストアなどで簡単に購入することができます。

メイク直し用の綿棒やティッシュを常備し、こまめにケア

対策を施すことでメイク崩れを抑えることは可能ですが、夏はどうしてもメイクが崩れやすいので、皮脂が浮いてきたら優しくティッシュでオフ。余分な皮脂を取り除きましょう。また、マスカラやアイライナーなども人それぞれ落ちにくいものと落ちやすいものがあるので、いろいろ試してみると良いでしょう。夏はウォータープルーフがオススメです。
それでも落ちてきてしまったときのために、ポーチの中に綿棒やティッシュなどメイク直しの道具を入れておきましょう。メイク直し用のクレンジングが付いている綿棒などが便利です。
上記の方法で、できるだけメイク崩れを防ぎ、崩れてしまったときにはケアをしてリセットし、夏を乗り切りましょう。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP