ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故大島渚の息子兄弟が父の言葉をもとに思い出記したエッセイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『君たちはなぜ、怒らないのか 父・大島渚と50の言葉』大島武 大島新/日本経済新聞出版社/1500円+税
 世界的な映画監督である大島渚の息子として生まれた兄弟が、父と身近に接しながら耳にし、目にした父の言葉をもとにその思い出を記したエッセイ集。
〈大島渚が終生大事にした「怒り」。その怒りをエネルギーに変えろというメッセージ。それは今の時代の空気にあまりにも合わないからこそ、逆に尊いことのようにも思える〉という兄。兄弟の言葉からは父の熱い生き様が伝わるだけでなく、家族を思うひとりの人間としての姿も映しだされる。
※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大島渚氏妻・小山明子「妻として悲しい思いしたこと一度もない」
血管が切れると脳出血、塞がると脳梗塞、総称で脳卒中と呼ぶ
小山明子 夫・大島渚の介護で苦労も「回転寿司でいい」と前向き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。