ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の“シンセ”界を描くドキュメンタリー映画が9月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大阪周辺地域の電子音楽、自作シンセサイザー・シーンなどを描くユニークなドキュメンタリー映画『ナニワのシンセ界〜The New World of Synthesizer in Osaka』が9月に公開される模様だ。
ここ最近、KORGのMS-20の復刻やVolcaシリーズ、littleBits、さらにはインディ・メイカーによるユーロ・ラック企画のモジュラー・シンセの盛り上がり、そしてサウンド的にもアヴァン・ロックからテクノにいたるまで、さまざまな局面で、またシンセサイザーにひとつ注目が集まっている昨今。この国の、しかも大阪周辺の電子音楽を描いたドキュメンタリー映画が公開されるそうだ。その名も『ナニワのシンセ界〜The New World of Synthesizer in Osaka』(監督:大須賀淳)。
まだまだ編集中のようだが、トレイラー映像をみているだけでも非常に興味深い、アクの強さそうな電子音狂たちがちらりとちらりと! 公開は9月になる模様。詳細や今後の情報などは下記の、映画製作者が運営しているシンセサイザー情報のブログ・メディアなどを参照を。まずは下記のトレイラー映像を。
(河村)
The New World of Synthesizer in Osaka” Short trailer01

http://youtu.be/2EoKCoUR_Yk
・映画の情報はコチラのサイトで随時更新される模様
http://modularsynth.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP