ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Store 表参道店オープン! 1000人が並んだ新店舗はどんな感じ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


超巨大なAppleマークが目印!
6月13日に、日本で8店舗目のApple Storeが東京・表参道でオープンしました。

オープン初日には、新しいApple Storeを一目見ようとたくさんのAppleファンが集まり長蛇の列ができました。先頭に並んでいた方は、なんと一週間以上前から並んでいたそう。

国内最大のApple Store、全面ガラス張りで圧倒的存在感

筆者は当日、9時30分頃に表参道駅に到着しました。出口に向かう人の波に乗って地上に出ると、目の前にApple Store Omotesandoがそびえ立っていました。

さて、中に入るためには並ばなければっ。でも……行列の最後尾が見えない……。

ようやく最後尾に着いたときには、真夏のような熱さもあって、ちょっと疲れていたぐらいです。

それもそのはず。なんとこの日、オープン時には300mもの行列ができていたのです!!!

列に並び、待つこと30分。ようやく店舗内に入ることができました。

ようやく店内に潜入!

店舗内は地上部分と地下部分に分かれており、地上ではAppleの主力商品(MacやiPhone、iPad)が売られ、地下ではアクセサリの販売エリアと専門的な相談や修理などを依頼できる「Genius Bar」がありました。

Appleの商品は、実店舗ではApple StoreとAppleに認められた数少ない専門店でないと修理できません。iPhoneやiPadなどが日本でも人気を博しており、予約なしでは「Genius Bar」を利用できないケースが多くなっています。そのためか、Apple Store Omotesandoの「Genius Bar」は他の店舗よりかなり広くつくられていました。

アクセサリーも充実しており、とくに先日Appleが買収したBeats by Dr.Dreのヘッドホンが多く展示されていました。

店舗内では、至る所でAppleによる撮影が行われていました。

Appleは、新店舗をオープンさせると、発表会などで紹介するのが恒例となっています。今回も、AppleのYouTubeでは、オープン前々日に新店舗が形になっていく様子を収めた動画が公開されていました。

Omotesando, Tokyo – Grand opening 6.13.2014

オープン初日に駆けつけた人は、運がよければ次のAppleの発表会で紹介されるかもしれませんね!

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP