ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【純喫茶紀行】本当に美味しいカツサンドを食べたいなら、銀座ブラジルに行け

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日々さまざまなカフェを巡るカフェ好きな旅人、カフェ蔵です。今日はとっておきのカツサンドを食せる場所をご紹介します。
昨今世間をにぎわしているサッカーワールドカップといえばブラジルですが、純喫茶の世界でワールドクラスのカツサンドを食せる場所、それが銀座ブラジルです。
「銀座ブラジル」という喫茶店の名前ですが、このお店は銀座にはありません。実は、こちらのお店は浅草にあります。さすがワールドクラスのフェイントを仕掛けてきますね。まちがって銀座線の銀座駅で降りないようにご注意ください。
さてさて、カツサンドのお話に戻しますが、なぜかこのお店、カツサンドの元祖、と銘打っておりますが、本当に元祖かどうか、よく分かりません。
こちらもワールドクラスのフェイントなのかもしれませんが、味は一級品です。その理由は、本当にカツを中心として考えられたカツサンドだからです。
ラードでじっくりと揚げられたカツ
少し立ち気味のパン粉が軽い歯ざわりを演出するも、しっかりとラードで揚げられているため、コクのあるトンカツ独特のウマミが口一杯に広がります。さらにそのカツのウマミを受け止めるパンは軽くトーストされていて、軽やかな香ばしさをまとっています。
カツに合う少しケチャップが効いたソース
ラードで揚げられたコクのあるトンカツをサッパリと食べさせる工夫なのか、ソースはケチャップを強めに効かせたサッパリ味となっています。しかしこれがキャベツとトンカツとをしっかりと融合させ、最後のひとくちまで最初のひとくちの感動をしっかりと持続させてくれます。
一切れで2度美味しいカツ
ここのカツサンドは挟み方にもこだわっています。よく見るとロースのウマミをたっぷりと味わえるすこし脂身が強い部分と、豚肉本来の味わいをしっかりと楽しめる肉の部位の2つの種類のカツが同じパンに共存していることが分かります。
このダブルローストンカツが奥行きのある味わいを演出してくれます。揚げ方、ソース、そしてカツの挟み方にまでこだわったカツサンド、是非、ご賞味あれ。
お店の情報
お店の名前: 銀座ブラジル 浅草支店
電話番号:03-3841-1473
住所: 東京都台東区浅草1-28-2 2F
営業時間:9:30~18:00
定休日: 水曜日
▼カフェ外観。商店街のシカゴ靴店の2Fにブラジルがあります。

▼オススメは元祖カツサンドと元祖フライチキンバスケット。

▼揚げ方、ソース、挟み方の3拍子そろったカツサンド

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP