体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビクター・JVC、力強く低域を再生する密閉型インナーイヤーヘッドホン『HA-FXCシリーズ』発売へ

『HA-FXC71』『HA-FXC51』


ビクター・JVCは、密閉型インナーイヤーヘッドホン『HA-FXC71』『HA-FXC51』の2モデルを6月上旬に発売します。新開発の『カーボン振動板搭載マイクロHDユニット』と、遮音性の高い密閉構造の『トップマウント構造』を採用したことにより、ダイナミックな低域再生と高解像度サウンドを実現しています。

『HA-FXC71』『HA-FXC51』“トップマウント構造”イメージ

『カーボン振動板搭載マイクロHDユニット』は、音を伝える振動板に強じんなカーボンを採用したユニット。比重が軽く、伝える速度の速いカーボンの音響特性を利用して、ダイナミックな低域再生で“高解像度サウンド”を実現しました。『トップマウント構造』は、口径5.8mmの小型・高性能の『マイクロHDユニット』を採用し、音筒の先端に配置した構造。音を響かせるドライバーユニットを耳穴深くに挿し込めるため、小さな音でも迫力あるサウンドを可能にすると同時に、遮音性の高い密閉構造で外部音の低減と、音漏れ防止を両立しました。

また、スタイリッシュな外観とメタル素材で振動ロスを低減する『メタルハウジング』を採用。『HA-FXC71』ではステンレス素材を、『HA-FXC51』ではアルミ素材を使用し、それぞれに臨場感あふれるクリアなサウンドを再生します。

『HA-FXC71』『HA-FXC51』装着イメージ

いずれも、装着しやすく耳から落ちにくいコンパクトなボディ形状とラバーパッドの採用により、快適な装着感とデザイン性を実現したモデルです。『HA-FXC71』はホワイトとブラックの2色、『HA-FXC51』はレッド、ブラック、ホワイトの3色のカラーラインナップです。いずれも価格はオープンです。
 
 

■関連記事
アルミ削り出しボディがクールなインナーイヤーヘッドホン『CLEF-U』発売
モバイルサウンドの未来へ! beyerdynamic社製ヘッドホン『T 50 p』ティアックが発売
着け心地も音質もバツグン! フィリップス、ヘッドホン4シリーズ14製品を新たに発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。