ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AIが歌う「HOPE」が園子温監督新作『TOKYO TRIBE』主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


累計250万部超、90年代のストリートカルチャーを牽引した井上三太による伝説的コミックを、園子温監督が実写映画化した「TOKYO TRIBE」の主題歌をAIが歌うことが発表された。

HIP HOPをベースにしたストリートカルチャーの一大ムーブメントを巻き起こしたコミックの映画化とあって、作品への参加アーティストの面々がハンパなく凄いと既に話題の本作。その参加アーティストに匹敵する女性シンガーとして、「AIしか考えられない」という製作陣の熱烈オファーにより実現。

AIは、L.Aで生まれで、ゴスペルワイアーで鍛えた本格的な歌唱力、完璧な英語バイリンガルでラップもこなす。さらに、ストリート感覚を持ち、ソウル、R&B、ヒップホップ、ダンスという要素を横断する。まさに“QUEEN OF HIP HOP SOUL”というべき実力派アーティスト、シンガーである。

AI コメント
ちょうど私が東京に引っ越してきた頃、自分はもちろん回りの友達がみんな読んでいた凄い漫画。
それを園監督が映画化と聞いて、これはヤバイことになるなと!
もともと園監督の映画は、普段絶対に見られない光景をみせてくれるから大好きで。
今回の作品も、本当にヤバイ!ヤバイという言葉がぴったりな作品です。
今回のオファーは、「希望(HOPE)」というキーワードをいれてほしいとリクエストを受けて、
エンディングのメロディの部分と歌詞を書いて、歌をうたいました。
映画のエンディングが、楽曲とつながっていて、主題歌が流れた瞬間はうれしかったです。
この映画でしか集まらない日本のHIPHOP界を支えるラッパーたちがオールスター出演しているので、
そこに注目して観てもらいたいです。そして、登場するキャラクターが、
みんなカッコいいので、若い人は真似をしたくなるかもしれないですが、メラやWARUを真似しないように!
ラブ&ピースな海くんを見習ってください(笑)

今回、園子温監督が、原作を超える映画ならではの表現方法として選んだのが「セリフをラップで奏でる」という大胆不敵な手法。映画全編に敷き詰められたHIPHOPミュージックに併せて、役者もラッパーも関係なく、登場人物が、ほぼ全員ラップに挑戦している。

AIが歌う『TOKYO TRIBE』主題歌「HOPE – TOKYO TRIBE ANTHEM」は、7月23日から配信され、主題楽曲が入ったサウンドトラックアルバムは、8月20日に発売予定。

(C)2014 INOUE SANTA / “TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS
8月30日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

リリース情報
YOUNG DAIS, SIMON, Y’S & AI
配信シングル「HOPE – TOKYO TRIBE ANTHEM」
2014年7月23日配信開始

サウンドトラック・アルバム
「TOKYO TRIBE – ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK」
2014年8月20日[CD/配信]
2,457円+税 関連リンク ■AI Official Sitehttp://www.aimusic-ai.tv/
AI Official Facebookhttp://www.facebook.com/AI
AI Official Twitter@micaholic1981
AI Official Bloghttp://ameblo.jp/ai-10th/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP