ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブートローダーのロックされたXperia Z2をroot化できるWindowsツール「Community RootKit」が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブートローダーのロックされた状態でもXperia Z2をroot化できるWindowsツール「Community RootKit」がXDA Developersでリリースされました。Community RootKitは、“ASEC exploit”と呼ばれるシステムの脆弱性を付いてroot化する手法をツール化したものです。現在のところは、「17.1.A.2.55」または「17.1.A.2.69」を搭載したXperia Z2に対応しています(最新ファームは非対応のようです)。このツールを用いてroot化するには、Xperia Z2側でUSBデバッグと提供元不明アプリの許可オプションにチェックを入れてPCにUSB接続し、ZIPファイルに含まれる「runme.bat」を実行するだけです。スクリプト実行後に端末がリブートするとroot化は完了します(root化プロセスでBusyboxとSUバイナリが導入されます)。現在配布されているCommunity RootKit v01はXperia Z2にしか対応しておらず、また、Windows用しか配布されていませんが、今後リリース予定のv02はXperia Z2 Tabletにも対応しているらしく、MacとLinux版のリリース予定も明言されています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Nike、Androidに対応した「Nike+ FuelBand」のコンパニオンアプリをリリースしま
Android Tips : YouTubeアプリのトップ画面を「登録チャンネル」に切り替える方法(要root化)
Xperia Z1 / Z1 Compact/ Z1f / Z Ultraをブートローダーをアンロックせずにroot化する方法が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP