ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯関連CDが好調、NEWS・椎名林檎・ウカスカジーの3作がオリコンTOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫


椎名林檎「NIPPON」 ウカスカジー「AMIGO」 13日に開幕したサッカーワールドカップブラジル大会の関連CDが6月23日付オリコン週間ランキング(集計期間:6月9日~6月15日)で好セールスを記録した。

シングルランキングでは、NEWSの日本テレビ系ブラジル2014テーマソング「ONE -for the win-」(6月11日発売・ジャニーズ・エンタテイメント)が初登場首位(18.3万枚)、ワールドカップ中継でもオンエアされているNHKサッカーテーマ曲、椎名林檎(35)の「NIPPON」(6月11日発売・ユニバーサルミュージック)が初登場9位(1.4万枚)、アルバムランキングにおいても、日本サッカー協会公認のサッカー日本代表応援ソング「勝利の笑みを君と」を収録した、桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCのユニット・ウカスカジーの1stアルバム「AMIGO」(6月11日発売・トイズファクトリー)が初登場2位(4.4万枚)と計3作がTOP10入りした。

また、TOP10以下でも、中島美嘉(31)と加藤ミリヤ(25)のコラボ曲「Fighter(Tachytelic World CupBrazil 2014 Remix)」などを収録した、今大会唯一の公式アルバム「ワン・ラヴ、ワン・リズム2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)が前週の77位から48位に上昇し、5月21日の発売以来の最高位を更新している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP