ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い季節にこそ食べたい! カクテルをイメージした夏のショコラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月に入り気温も上がってきましたね。この時期になると、暑いからといってチョコ離れしちゃう人もいるのでは?

しかし、それはもったいない! こんなときにこそおいしくいただけるチョコレートもたくさんあるんです。

そこで今回は、フランスの名門『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』の夏期限定コレクションを紹介したいと思います。

暑い日にこそ食べたい、清涼感溢れる限定ショコラ

夏っぽいライムグリーンのパッケージが目を引きますよね。『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』の新作は、光溢れる夏を想起させるカクテルを表現したボンボンショコラ。

たとえば、唯一ミルク系の「フォブール」。ミルクチョコレートのなかはしっとり大人なダークガナッシュ。口のなかで溶けると、バニラやパッションフルーツ、マンゴーの香りがふわり。

スッキリした甘みのなかに、フルーツの酸味が広がる夏にピッタリの味わいです。

ほかにも、パイナップル、フランボワーズ、赤桃、ライムなど、いずれも甘酸っぱい素材で爽やか。一口食べると気分もあがります。

フランス最優秀職人章を持つふたりが奇跡のコラボ

1977年創業のフランスの人気ショコラトリー『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』。

2012年からは、フランス国家最優秀職人の称号「M.O.F」保持者のニコラ・クロワゾーがシェフショコラティエに就任。

今回の新作では、2011年に初代M.O.Fバーマンを獲得したマキシム・ウルトとタッグを組み共同開発。

ふたりのスペシャリストが生んだボンボンショコラは、いまだけの限定品。チョコレートのカクテルが素敵な夏を演出してくれるかも。



(グリッティ)記事関連リンク
こだわりハンパない! 驚きのおいしさを奏でる自家製ジェラート
チョコで異国へトリップ! 癖になる斬新フレーバー
偉人も愛した? パリで最も古い歴史を持つチョコレート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP