ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「若者のクルマ離れ」は一部 女性や地方部では購入意向高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アベノミクス効果で高額消費の傾向が取りざたされる昨今。その一方で、「イエナカ消費」、「巣ごもり消費」といった若者の消費行動からくる“若者の○○離れ”が叫ばれて久しい。
 だが、巷でいわれるほど若年層の消費意欲は減退しているわけではない。6月17日に『若者は本当にお金がないのか? 統計データが語る意外な真実』(光文社新書)を上梓したニッセイ基礎研究所・生活研究部准主任研究員の久我尚子さんに、○○離れのウソを検証してもらった。
 * * *
【若者のクルマ離れ】
 若年単身世帯の自動車保有台数は、男性で1994年をピークに減少傾向にあるとの調査が出ていますが、一般財団法人「自動車検査登録情報協会」によると、全世帯の自動車保有台数は1960年代から現在まで増加し続けています。
 若者のクルマに対する意欲はどうなのか。日本自動車工業会が実施した実態&意識調査(2008年)で興味深い結果が出ています。18~24歳の大学・短大生の自動車免許保有率は、男性が73.4%、女性が58.3%あり、取得意向者と合わせると潜在的な免許保有率は男性で92.4%、女性でも85.9%に及びます。
 ただ、クルマを実際に購入することを考えると、大都市に住んでいる男性をはじめとして、クルマに乗りたい意識はありつつも購入には結びつきにくいのが現状のようです。
 なぜなら、昔と比べて特に大都市で公共交通機関が充実したこと、核家族化・少子化の進行によって家族とのクルマの共有もしやすくなったこと、ネットの普及などによってクルマ以外に興味・関心の対象が広がったことで、単身勤労者世帯の男性ではクルマの保有率が低下しています。
 一方、可処分所得が増加している単身勤労者世帯の女性ではクルマの保有率は上昇しています。つまり、大都市に住む男性でやや「クルマ離れ」が起きているようですが、地方居住者や女性では購入意向が強く、以前と同様に高水準にあるのです。
【若者の海外離れ】
 20代の海外渡航者数が減少し、「今の若者は海外へ行かない」、「内向き志向が強い」などという声をよく聞きます。しかし、若年単身世帯の男性では旅行の支出はむしろ増えており、必ずしも「海外離れ」をしているとはいえません。
 確かに法務省調査(出入国管理統計表)によると、20代の出国者数は減少しています。ただ、1975年生まれ以降は少子化が進行した世代なので、正確にデータを読み解くためには「渡航者数」ではなく「渡航者率」で見るべきなのです。
 そこで、20代の出国者率を調べてみると、2008年ごろまで低下傾向が続いていましたが、2009年以降は上昇に転じています。2012年には23.4%まで上がり、1990年代のピーク時に次ぐ高水準となっています。
 海外旅行者数もここ数年は増加が続いており、2012年は1849万人と、2000年の1782万人を超えました。その背景には、リーマン・ショック後の景気の冷え込みが落ち着いたことや、LCC(格安航空)の台頭による航空料金の低下などが挙げられます。
【若者の恋愛~結婚離れ】
 主に男性で「草食系男子」、「絶食系男子」なる存在がクローズアップされ、恋愛や結婚に消極的な若者の実態が盛んに取りざたされています。
 国立社会保障・人口問題研究所によると、現在、若年未婚男性の6割、女性でも半数に異性の交際相手がいないとのデータが出ています。特に18~19歳と30~34歳で、異性の交際相手がいない割合が高い結果となりました。
 しかし、だからといって若者が結婚を諦めているわけではありません。同研究所「出生動向基本調査」の1980年代から2010年の直近調査まで、18~34歳の未婚者の9割が「いずれ結婚したい」と答えています。しかも、「一生結婚するつもりはない」と答えた人は1割にも満たないのです。
 さらに、いつまでに結婚したいかという質問には、「ある程度の年齢までには結婚するつもり」が6割を占め、結婚に対する“先延ばし意識”も薄らいでいます。
 内閣府「結婚・家族形成に関する調査」(平成22年度)によると、20~30代で異性の交際相手を持たない未婚者が恋人を欲しいと思わない理由は、「恋愛が面倒」、「仕事・勉強・趣味に力を入れたい」などが上位に上がります。
 ライフスタイルや価値観の変化によって、相対的に恋愛への興味が薄れていることは事実です。非正規社員の増加で経済的な「壁」が立ち塞がっていることも恋愛や結婚をためらわせる要因になっています。
 でも、若者の大半が結婚を望んでいる状況を考えれば、「若者の恋愛・結婚離れ」とひと括りにしてしまうのは少々乱暴だと思います。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
若者のクルマ離れ幻想か 機能性重視で「クルマ欲しい」7割
若者の車離れの理由 「クルマにセクシーさがないから」
若者の○○離れに「交通事故離れ」「メンズブラ離れ」も存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。