ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桐谷美玲・有村架純・山本美月ら『女子ーズ』に直撃、「コスチューム見て上がりました!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いま、オススメの映画は? とよく聞かれるが、いま、それは『女子ーズ』と迷わず即答する! “選ばれし5人の女たちが揃ったとき、最強の戦隊が誕生する! が、なかなか揃わない。なぜなら女子とは、そういうものだからである…”というキャッチコピーも秀逸で、戦隊モノの皮を借りた女子の”あるある物語”でもある本作。彼女たちに話を聞く。

その彼女たちとは、桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月という、いま最も旬な5人の女優たち! 彼女たちが演じる”女子ーズ”は単に”名字に色が入っている”という理由だけでヒーローに選抜され、怪人たちを倒す任務を負うという戦隊ヒーロー女子。ところが、恋に仕事に美容にヤボ用と女子たるもの、なかなか多忙で、5人揃うことは滅多にない始末。前代未聞の片手間ヒロインが、地球の平和のために立ち上がるのだ。

過剰に真面目なレッド役の桐谷は、「最初はビックリしましたが、コスチュームを見てテンションが上がりました」と戦隊モノに抵抗感はナシ。ギャルのブルー役、藤井も「女子5人が集まると最強だけれど、集まらない話と聞いて、衣装の段階でノリノリでした」とミステリアスな内容に惹かれたとか。また、監督の福田雄一と直前まで舞台をやっていた貧乏なイエロー役の高畑は、「その時に直接お話を聞いて、喰い気味に”やります!”と返事しました」と福田ワールドを知っているだけに快諾!同じく経験値がある夢見る劇団員グリーン役の有村も、「お世話になった福田さんの作品なので、内容も聞かずにノリノリでした(笑)」と即答したとか。一方、最初は勘違いで始まったというお嬢なネイビー役の山本も、「最初、セーラームーンを想像していました(笑)。でも、女の子5人が戦うストーリーと聞いた時点でノリノリでしたね(笑)」と、5人とも撮影を心待ちにしていたようだ。

完成した映画は戦隊ヒーローモノだけれど、女子は共感必至の”あるある物語”が中心で、ノリはゆる~いが観ていてすごく楽しい。事実、皆楽しかったそうで、続編企画を早くも希望しちゃうとか!? 個人的には毎週日曜日の朝などにテレビで観たい気がするけれど、「いいですね(笑)。また皆で集まって戦いたい」(桐谷)、「この5人だったら何でも楽しい気がします!(笑)」(藤井)、「朝ですか(笑)。いいかもしれないですね」(山本)、「あのセリフが、あのまま台本に書いてあるので、それを口に出せることが楽しい」(有村)と意外にも(?)好印象! ただ、「一部のセリフが深夜っぽいので、朝じゃなくて、『勇者ヨシヒコ』の時間帯がいいかも(笑)」(高畑)と最後には現実的な提案(?)も! 彼女たちが心底楽しかったという本作、その雰囲気や想いがスクリーンを観ていてバンバンつたわってくる! そこまでの映画、観ない理由がないです!

映画『女子ーズ』は、大ヒット上映中!

【参照リンク】
・『女子ーズ』公式サイト
http://jyoshizu.com/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP