ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが、ヒゲドライVANだ!──ヒゲドライバー’s バンドの1stライブに潜入!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ヒゲドライVANの助手席空いてますよ? Vol.1」
インターネット発のクリエイターとして、チップチューン等ピコピコ系サウンドを武器に活動してきた、ヒゲドライバーさんのバンドプロジェクト・ヒゲドライVAN

その活動の第一歩として4月に発表した『Kiss me EP』のリリースイベント「ヒゲドライVANの助手席空いてますよ? Vol.1」が、下北沢ERAにて行われた。

チケットはすべて完売。用意された当日券も若干数のみと、ヒゲドライVANへの期待値の高さがうかがえる滑り出しとなった。

開幕はチップチューンライブスタイル

ステージは、ヒゲドライバーさんの生誕ストーリー上映から始まった。スクリーンには、ヒゲドライバーさんの幼少時代から学生時代、ファミコン音源に出会うまで、今の「ヒゲドライバー」ができるまでのひと通りのストーリーが映し出された。

そしてスクリーンがひっこむと、まずはヒゲドライバーさんソロのチップチューンライブからスタート。今回はDJではなく“チップチューンライブスタイル”ということで、時折MCをはさみながら進行。

パフォーマンスは初期の曲から順に演奏され、代表曲「ukigumo」が流れたところで会場のボルテージは最高潮に。インスト曲ながら、ファンと共に拳を振り上げる、ロック感溢れるアクトとなった。

魅せた! ヒゲドライVAN!

続くヒゲドライVANのステージも、ムービー上映からスタート。何度も音楽を辞めようと思ったことなど、この日このステージに立つまでのメンバーの苦悩や努力の日々がリアルに映しだされた。

上映が終わると、バンドの1stシングルとなった「Kiss me」からスタート。ファンからは悲鳴にも似た絶叫が飛び交い、メインメロディの“Kiss me”というフレーズでは、会場全体での大合唱。中には涙を流す人もちらほら。

間髪入れずに続いたのは、ニコニコ動画で40万再生を超え、ヒゲドライバーさんの地位を確たるものとした「マイティボンジャック」。力強い“Hey,ジャック!”の掛け声と、ヒゲドライバーさんの優しい歌声が会場に響いた。

MCを挟み、「閃光」、「透明少女」とロック色の強い楽曲が続くが、今回唯一のバラードである「ココダヨ」で会場の雰囲気は一転。しんみりとした空気に包まれるなか、「会場に母が来ています」とヒゲドライバーさん。

そして「遠く離れた土地に、あなたの大切な人はいるでしょうか?」と語りかけたあと、「東京ソーダ」が始まる。地方出身者にはたまらない、故郷を思い起こすような歌詞が響き渡ったかと思うと、続いて切れ味鋭いカッティングから始まる「ホログラフ」を演奏した。

【次のページ】これが、この4人が、ヒゲドライVAN!

この4人が、ヒゲドライVANだ!

会場がまた暖まりだしたところで、各メンバーの紹介。Drのハードスタイルさん、Baのプロさん、Gtの社長さんと紹介が続いたあと、メンバー選定の経緯や、ヒゲドライバーさんの過去をひと通り掘り返す社長さん。

そしてVoのヒゲドライバーさんまで紹介し終えると、「この4人が、ヒゲドライVANだ!」の掛け声を合図に、アーケードゲーム「ガンスリンガーストラトス」BGMにもなっている「close」を演奏。

激しいハードロックが終わり一転、ポストロック色の強い人気楽曲「春夏秋了」を披露した。

ここで「最後の曲です」と告げられると、お約束の「えー!」という声。「もっといけんだろ!!」というヒゲドライバーさんの叫びが会場に響くと、アニメ『機巧少女は傷つかない』ED曲で、iTunes Store総合1位も獲得したヒット曲「回レ!雪月花」を、バンドバージョンで披露。

サークルモッシュをはじめ、“回レ”コールで盛り上がるなか、ヒゲドライバーさんが客席にダイブするなど、この日一番の盛り上がりを見せ、本ステージは終了した。

鳴り止まないアンコール ラストははじまりの曲で

鳴り止まないアンコールに応え、再びステージに現れたメンバーは、ヒゲドライVAN Tシャツを着用して登場。

ファンと共に記念写真を撮影した後、ヒゲドライバーさんの売れなかった頃の悶々としていた思いを、社長さんが代弁する場面も。

MCが終わると、某洋楽バンドのオマージュ曲「マジョリティ」が演奏された後、この日最後の1曲であり、はじまりの1曲でもある「Kiss me」を会場の大合唱と共に演奏し、ヒゲドライVAN初のライブは静かに幕を閉じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP