ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

jealKBの衝撃的新アルバム名「買わなくていーんで…」実はアーティストの本音な件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロンドンブーツ1号2号の田村淳率いる5人組ロックバンド・jealKBが、6月25日ニューアルバム『ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw』をリリースする。

jealKBとしては、メジャー通算5枚目となるこの新作。気になるのは『ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw』というタイトルだ。

アルバムジャケットもメンバーの写真などはまったく使わず、タイトルが大きくデザインされているのみ(右下に小さく『※できたら買って下さい。』というフォローが加えられている)。CDのタイトルなのに「買わなくていい」と宣言しているのは、かなり衝撃的だ。バンド事情に詳しい音楽ライターはこう話す。

「jealKBは、淳さんの趣味的な部分から始まったバンドなので、CDを出すということよりもライブで楽しみたいというモチベーションが大きい。なので、このタイトルが付けられるのもある意味当然です」

ただ、jealKBに限らず、CDよりもライブを重要視するバンドはかなり多いという。

「単純にCDは売れませんからね。もはや制作費を回収することさえ難しい状態。CDを売ることそのもので利益を上げるのは相当難しい。なので、『ライブの動員を増やすための宣伝としてCDを出す』というスタンスのバンドがかなり多いです。CDについても、CD店で買ってもらうより、ライブ会場の物販で売れたほうが、バンドとしては儲かりますし。とにかく、ライブでお金を落としてもらう、そうしないとバンドは潤わない。

そもそもメジャーレーベルでCDを作って売るとなると、レコード会社主導になるため、儲けの大半も持っていかれる。でも、ライブならアーティスト主導でできる。CDメインのビジネスから、ライブメインのビジネスに移行すれば、規模が幾分小さくなったとしても、アーティストの利益が大きくなるんです。極端な話、アーティストがレコード会社を切ることができれば、音楽業界も再び盛り上がるんじゃないでしょうか」(前出ライター)

かつてはCDセールスこそが音楽業界の根幹だった。しかし、CDが売れなくなり、状況は大きく変化。今後はもっとライブを重視するアーティストが増えそうだ。

【参照リンク】
・jealkb | YOSHIMOTO R and C CO.,LTD./よしもとアール・アンド・シー
http://www.randc.jp/artist/jealkb/discography_detail/2795/ 
・jealkb 2014年6月25日発売「ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw」、jealkb Parade Tour~海より山より夏ジュアル~告知コメント – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=9xVl6IirhZY 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP