ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

企業ロゴのトリビア フェデックスやキリンに隠されたものは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 企業のロゴマークには、熱い思いや知られざる物語が存在する。

 世界的企業の会社マークづくりに携わってきたランドーアソシエイツ社が手がけた国際宅配サービス・フェデックスのロゴには“隠し絵”があることをご存じだろうか。Eとxでつくられた白い部分に注目すると、右向きの矢印が見えてくるではないか!

 これは、同社の物流サービスの「スピード」と「正確さ」を表わしているという。ちなみに、右から左に書くアラビア語バージョンでは、矢印は左向きだ。

「ラガービール」や「一番搾り」でおなじみのキリンビール・麒麟マークは明治のラガービール誕生以来の伝統あるシンボル。この麒麟のたてがみには、「キ」「リ」「ン」の3文字が隠されている。昭和初期のラベルから存在していたことが確認されているが、その理由は不明だという。「リ」は横向きになっている。

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
JAL稲盛和夫氏「コスト削減徹底もサービスの質は下げるな」
携帯電話通信費 留守電、端末保証、SMSなどを見直して節約
毎日30種の樽生ビールが揃うお店 一律グラス480円が嬉しい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP