ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土屋アンナ 裁判後停止の居酒屋解禁し「シメサバ~」と絶叫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 真夏日となった6月上旬のある夜、行きつけだった東京・中目黒の居酒屋に久しぶりに姿を見せたのは、土屋アンナ(30)だった。

 ビールを一気に飲み干すと、徐々にボルテージがあがっていく。日本酒を口にしてからは上機嫌で声量も倍に。「サイコー!」と隣の客に乾杯を求め始めた。

 土屋といえば酒豪として知られ、酒の席での武勇伝もたびたび報じられてきた。居酒屋の常連客が語る。

「以前はこの店で週6日は見かけました。“この店は、あたいのおうちだよ~”といっていたくらい。そして、飲み始めると“おら、一緒飲むぞ!”“もうサイコー!”と大声を上げ、隣の客にからむのをマネージャーが必死に止めに入るのは日常茶飯事。アンナさんに絡まれたカップルが顔をひきつらせながら、ビールを注がれる場面も多々ありましたね」

 迫力満点の低い声に、しかもあの大きな目でギロッと睨まれれば、確かに断わるのは勇気がいる。

 しかし、その土屋に昨年7月、主演舞台を降板して上演中止になる騒動が起きた。制作サイドから3000万円の損害賠償を求める裁判を起こされ、係争は今も続いている。

「以来、あのアンナさんが外でお酒を飲むのを控えていた。妊娠中でもお酒を飲むほどだったのに……」(土屋の知人)

 降板騒動後は仕事も激減していたが、最近では福島で行なわれた東京ガールズコレクションに出演したり、ジャガーの新型車発売イベントに出席したり、かつて主演した映画『下妻物語』が縁で茨城県下妻市の観光大使に就任したりと、復活の兆しも見えてきた。

 行きつけだった居酒屋に久しぶりに顔を出したのは、気分的にも一段落したからだったのかもしれない。

「本当に1年ぶりくらい。最初はかなり抑えて飲んでいました。“裁判のこともあって、外でハメ外すと叩かれるから飲み歩かないようにしている”って言っていました。ただ、そこはさすがのアンナさん。中盤に差し掛かると、好物のシメサバの炙り焼きを食べながら“シメサバ~、シメサバ~”と日本酒片手に絶叫。店中を巻き込んで乾杯の音頭をとる姿はアンナここにアリ、でした。ただ、以前のベロベロ具合と比べるとかわいいモノ。まだまだ本来の姿とはいえませんね(笑い)」(店の常連客)

 新しい映画撮影に入ったという土屋。完全復活の日も近いか。

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
土屋アンナの6才長男 居酒屋でエイヒレやマグロ刺身を注文
ものまね芸人・みかん ものまね用のウィッグは通販で購入
土屋アンナの母 「あの制作会社は最初からおかしかった!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP