ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉澤嘉代子 メジャーデビュー後初ワンマンで500人を魅了、次回ワンマンはO-EAST

DATE:
  • ガジェット通信を≫


妄想系個性派シンガーソングライター吉澤嘉代子が、6月15日、メジャーデビュー後初のワンマンライブ「吉澤嘉代子デビューAL「変身少女」リリースパーティー~嘉代子、メタモルフォーゼ!~」を東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催した。

メジャーデビュー後初のワンマンライブとなったこの日、メジャーデビューミニアルバム「変身少女」から、全国ラジオAM・FM36局の5月度パワープレイに選出された「自分が夢中になれるものにいつか出逢いたい」という思いもこめられたラブリー・ポップな新曲「美少女」「チョベリグ」をはじめ、吉澤の代表曲「未成年の主張」「泣き虫ジュゴン」を含む全19曲が披露された。

途中、アルバム収録曲「涙のイヤリング」をコラーラスとアカペラでのアレンジでの披露、新曲「ケケケ」では突然客席に飛び入ってのパフォーマンスで集まったファン500人を魅了。11月27日、東京・TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブ開催が発表されると、この日一番の歓声が沸いた。

吉澤嘉代子の今後に活躍に一層の注目が集まりそうだ。

関連リンク ■吉澤嘉代子オフィシャルWEBhttp://yoshizawakayoko.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP