ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PC、タブレットにドッキングするスマホ!デバイス間のデータを一元管理する仕組み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

少し前は、一家に一台パソコンがようやく普及したような時代だったが、今は1人何台ものデバイスを使用するのも珍しくなくなった。ノートパソコンにスマートフォン、タブレットなど、多様なデバイスを日々使っている人にとって、デバイス間のデータのやり取りが面倒かもしれない。USBフラッシュメモリーに記録したり、クラウドサービス上に保存したり……。デバイスごとにプラットフォームが異なるため、さまざまなプログラムを個別に起動したり、管理したりするのも煩雑だ。

コンピューターエンジニアリングを学んでいる南アフリカの学生Nick Rout氏も、そのような不便を感じている1人。Rout氏はスマートフォンをポータブルのメインコンピューターとして、他デバイスにドッキングさせるシステム「Seed」を考案した。

このスマートフォンには、パワフルなプロセッサQualcomm Snapdragon 805、GPUにはAdreno 420、4GBのモバイルDRAM、128GBのフラッシュメモリを搭載。

ノートパソコンやデスクトップパソコン、タブレット、HDTVなどに設けられたドッキングステーションに、スマートフォンをはめ込んでドッキングさせる。このスマートフォンがコアのコンピューターとして機能し、他デバイスを統括するという仕組み。

おかげで、デバイスごとに異なるプラットフォームを起動させたり、デバイス間でデータを移動させたりする必要はなく、スマートフォンで一元管理できるようになる。

現在のところ、未だデザイン段階で、どのように製品化させるかは未定だが、このようなユニークなシステムがあれば、きっとデバイス間の敷居を低くしてくれることだろう。

Seed

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP