ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タップやスワイプの“クセ”を見極める新セキュリティシステム 自動的にロック

DATE:
  • ガジェット通信を≫
LatentGesture

スマートフォンにタブレット、タッチスクリーン技術が大いに盛り上がりを見せている。このタッチスクリーンという行為に着目した、新たなセキュリティシステムがGeorgia Institute of Technology大学で開発中だ。

人は、スマートフォンなどを操作するとき、画面をタップしたり、スワイプしたりするが、それぞれの人のしぐさには特徴が見られ、“タッチのクセ”とでもいうべきものが認められるという。

ある者は非常に素早くスワイプするし、ある者はゆっくりと画面を動かしていく。また、チェックボックスに記入するときにも、人によってスクリーンをタップするときの指の圧力が異なる。

研究チームが開発した「LatentGesture」というソフトウェアは、これらの“ユーザーのしぐさの個性”をモニターし、データを分析、学習して、各ユーザーごとにカスタムプロフィールを完成。そして、デバイスの使用者が普段と違う動きのパターンを見せた場合、イレギュラーを検出し、自動的にロックがかかるようになっている。

研究チームでは、被験者1人にタブレットを1台ずつ渡して、20の項目を含むテストを繰り返しおこなったところ、“ユーザーごとの個性”をシステムが学習し、それ以外のユーザーが使用するとロックがかかることを確認。Androidスマートフォンでは98%、タブレットでは97%の精度という結果を得ている。

このシステムがあれば、毎週のようにパスワードを変更する必要がなくなるほか、万一、自分のスマートフォンが他人の手に渡った場合でも、スマートフォン内の情報がやみくもに流出する心配もない。また、家族のアプリを管轄している親の端末が、子どもに勝手に操作されてしまうような事態も防げるだろう。タッチスクリーンの時代だからこそ、このような技術の一般化が待たれる。

LatentGesture

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。