ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS、ロンドン開催「DOWNLOAD FESTIVAL」で5000人を魅了

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo by KENTARO TAKAHASHI
VAMPSが6月14日、イギリス郊外で13日より総勢約150組のロック・アーティストが参加して3日間行われている最大のロック・フェスティヴァルのひとつ「DOWNLOAD FESTIVAL」でライヴを行った。

VAMPSは昨年の9月に世界デビュー・アルバムとなる「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」をリリース後、海外でのライヴを積極的に行ってきており、その流れでの今回の大型フェスの参加となった。今年のラインナップはエアロスミス、フォール・アウト・ボーイ、リンキン・パーク、オフスプリングらがヘッドライナーを務める。この日も総来場数約40000人を超え、VAMPSがパフォーマンスした会場にもロック・ファン、5000人が集結した。

新曲「THE JOLLY ROGER」をはじめ「DEVIL SIDE」「HUNTING」「WORLD’S END」など今のVAMPSを凝縮した合計7曲のパフォーマンスを見せつけた。最後の「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」をパフォーマンス中に全体のスケジュールがおしていたため、残り約1分を残して音響がカット・オフして強制終了となるフェスならではのハプニングが起こるも、突然終わってしまったステージ前には、彼らの演奏を讃える観客からの「VAMPS! VAMPS! VAMPS!」のコールが鳴り続けていた。

なお、VAMPSは、6月12日、イギリスの最有力音楽専門誌『KERRANG!』が毎年この時期に開催している「KERRANG! AWARDS」にもプレゼンテーターとして招待され、「Best International Rock Band」を登壇して発表、受賞者のフォール・アウト・ボーイにアウォードを捧げ、世界のロック・アーティストとの交流を会場内で果たしていたという。また前述の新曲「THE JOLLY ROGER」はこの「KERRANG!」ウェブ・サイトでエクスクルーシヴ・ストリーミングをしており、現在7万のアクセスを超え、このサイトでのアクセス・ランキングを集計している「HOTTEST」というコーナーで2位を記録、話題となっており、その注目が今回のフェス会場での集客に繋がっていたようだ。

HYDEは「今年の秋にはロンドンに戻ってきたい」とこのロンドン滞在中にうけたBBCをはじめとしたいくつかの取材中に発言しており、今後も海外活動を充実させていくようだ。

DOWNLOAD FESTIVAL(6/14)SET LIST
1. REVOLUTIONⅡ
2. DEVIL SIDE
3. REPLAY
4. HUNTING
5. WORLD’S END
6. THE JOLLY ROGER
7. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

Photo by KENTARO TAKAHASHI

関連リンク ■VAMPS オフィシャルサイト:http://www.vampsxxx.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP