ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最低賃金は高校生のアルバイトにも当てはまるのでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 私は鹿児島県でアルバイトをしている高校二年生です。いわゆる百均で1日6時間アルバイトでレジをしています。田舎なので知り合い同士の面接も無しで始めたので最初は時給も知りませんでした。それではじめて給料を貰ったら、時給600円でした。鹿児島県の最低賃金は665円でアルバイトも含まれると聞いたので、、、。高校生は含まれないのでしょうか?
社会体験という感じでやっているので安くてもいいけど、少し気になったので。

(10代:女性)

A.

 アルバイトや正社員などを問わず、働いて得られる賃金の最低額については、最低賃金法という法律で厳しくルール化されています。
 最低賃金法で決められた賃金は、基本的には働くすべての人に対して適用されます。そのため、雇う側は、高校生のアルバイトであっても決められた金額を下回るような状態で働かせることはできません(最低賃金法2条1項労働基準法9条など参照。一部、特定の産業においては18歳未満の方に対しては最低賃金の基準が適用されない場合がありますが、今回ご相談いただいた業種の場合は、最低賃金以上の賃金支払い義務が生じるものと思われます)。
 最低賃金は、いわゆる時給によって定められています(最低賃金法3条)。そして、地域別(場合によっては特定の業種別)に定められています(最低賃金法9条以下)。鹿児島県の百円均一ショップで働かれているとのことなので、最低賃金の時給はご指摘の通り665円になります(平成26年度ベース)。
 つまり、相談者を雇っているお店は最低賃金法違反となります。
 違反している場合は、次のようになります。現在の時給600円で働いている状態は、無効であり、最低賃金である時給665円で働いているものとみなされます(最低賃金法4条2項)。そのため、雇っているお店側に対して、足りない給料の分を請求することが可能です(具体的には、665円-600円=65円これに働いた時間数を掛け合わせた分の請求が可能です)。
 ただ、ご相談者は高校生で、知り合い同士のつながりで働かれるようになったという事情がおありですから、なかなかお店側に言いづらい部分があると思います。その場合は、各地域に設けられた相談窓口を頼る方法があります(参考:鹿児島県内の総合労働相談コーナー)。
 社会体験ということは重要かもしれません。ただ、きちんと働いてそれに対しての正当な対価を得るということは尊いものです。泣き寝入りすることなく、勇気をもって相談されることをおすすめします。そのときは、最低賃金を下回る金額である旨を示す給与明細などを持参されるほうがベターだと思われます。

元記事

最低賃金は高校生のアルバイトにも当てはまるのでしょうか?

関連情報

正社員と契約社員の待遇の違いは許されるの?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
7月に退職予定で6月支給のボーナスは受け取れるでしょうか?(なっとく法律相談)
振替休日と代休(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP