体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“世界一”にこだわったジョナサンの新メニューで暑い季節を楽しもう!

ジョナサンでは夏限定の新メニューとして、“世界一”にこだわった新メニューが登場!世界で最も空気と水がきれいと言われている地域の1つ、タスマニアのビーフ100%メニューや、世界で1番おいしいとされるマッサマンカレーなどが味わえる。

タスマニアは、オーストラリア最南端に位置する島で、雨水も飲めると言われるほど空気と水がきれいと称されている。

栄養価の高い牧草に恵まれたタスマニアで放牧されることで、風味高い牛肉になるとされているタスマニアビーフ。成長促進ホルモン剤や抗生物質の投与がタスマニア州政府より禁止されているため、“安全・安心”の品質が保証された牛肉であることも大きな特徴の1つだ。

「タスマニアビーフ&アボカドのプレミアムバーガー」(940円・税抜)、「タスマニアビーフ ハンバーグ 半熟卵のごろごろ夏野菜ソース」(1080円・税抜)、「タスマニアビーフのビッグメンチカツ」(890円・税抜)など、タスマニアビーフ100%ならではの味わいをバリエーション豊かに楽しめる。

また、タイ南部発祥のご当地カレーであるマッサマンカレーは、世界で最もおいしい50種類の食べ物」(米国情報サイト「CNN Go」調べ)の中で第1位に選ばれたメニュー。

ジョナサンの「チキンと夏野菜のタイ風マッサマンカレー」(890円・税抜)は、本場の味を目指して、ライスにもこだわり、タイ米の最高級ランクとして知られるジャスミンライスを使用している。

さらに、タイ風カレーにはかかせないココナッツミルクやピーナッツの甘みに、アクセントとして、タマリンドなどの果実を加え、辛い物が苦手な人でも食べやすい味わいに仕上げ、うま味、コク深さを追求した。

8月27日までの期間限定!この夏はジョナサンで世界一を味わおう!!詳細はこちら(http://www.skylark.co.jp/jonathan/)から。

※一部地域では価格が異なる。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。