ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

盛り上がるどころか不快…女子同士で聞かない方がいいこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女子同士だからわかる、ついやってしまいがちな「女子あるある」。そんな女子の言葉の裏の本音を探ります。
あるあるワード
「いくらしたの?」
何のために値段を聞くのか?
A子:そのポーチ買ったの? かわいいー! いくらしたの?
B子:近くの雑貨屋さんで1,000円しなかったよ。色違いもあったよ。
A子:なんだ、安いんじゃーん! いま着てるワンピもかわいいけどやっぱ高いの?
B子:セールで半額だったけど、定価は1万円くらいかな。
A子:へーそこそこするねぇ。その指輪は!? 
B子:これは彼からもらったやつだからちょっとわかんないな…。 
A子:ふ~ん。素材はなに? あ、そのブランドでシルバーなら2万円しないくらいだね!
B子:そうなんだ…(っていうか、何がしたいの!?)。
単なる好奇心で聞くのはNG
「自分が今後買い物をするときの参考にしたい」「色違いが欲しい」などという明確な目的がある場合はいざ知らず、ずけずけと他人の持ち物の値段を聞くのはやめましょう。
どうしても知りたい場合は、理由をひと言添えて「お小遣いで買える金額かな!?」などと間接的に聞いたほうがベター。また、いただきものについて詮索するのは無粋だしご法度です。
そして実際に金額を聞いて、自分の読みより安かった場合「意外と安いんだね」などというそっけない言葉ではなく「買い物上手だね」「もっと高級そうに見える!」などと相手を上げるひと言を忘れないで。
Outfit of casual woman image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
女子が連呼しがちだけど、男性ウケが悪い言葉って?
返事が遅いのには意味はない? 男と女は優先順位が違う生き物
友だちの彼を見て「優しそうだね」は1回まで!

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP