体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キティちゃんでデコツイート? 『iPhone』向け『Twitter』アプリ『Hello Kitty on Tappit』

Hello Kitty on Tappit


デジタルガレージは、サンリオおよびサンリオウェーブと共同企画し、『iPhone/iPod touch』向けの『Twitter』クライアントアプリケーション『Hello Kitty on Tappit(ハローキティ・オン・タピット)』を、6月に世界80カ国で同時リリースすることを発表しました。

『Hello Kitty on Tappit』は、『ハローキティ』のデザインで『Twitter』を楽しめるアプリケーション。『ハローキティ』をデザインした背景画像(デザインスキン)3種類から選んで、『Twitter』画面を自由にカスタマイズできるほか、“ツイート(つぶやき)”をさまざまな画像でデコレーションすることができます。

デコレーション画像は全40種類。ツイートの内容に合わせて、好きな画像を選んでテキストと組み合わせることができます。『Hello Kitty on Tappit』ユーザー同士であれば、ツイートに埋め込まれた画像をそのまま楽しめますし、一般的な『Twitter』クライアントを利用するユーザーには画像へのリンクを示すURLとして表示されます。

『ハローキティ』と携帯電話のデコレーション画像という、日本の若者層から生まれた文化は、“デコツイート”として世界の文化に育っていくのでしょうか? 『Hello Kitty on Tappit』の価格は、日本では450円(税込み)、アメリカでは3.99ドル、日本語、英語に対応しています。
 
 

■関連記事
トイレ男? 「トイレットペーパーが無い!助けて」と『Twitter』で助けを求め無事生還
レトロゲームを遊んで『Twitter』に集うプレイイベント『れとげのまち』が『ポートピア連続殺人事件 』をお題に開催へ
『J-CAST』の『iPhone/iPod Touch』向け電子書籍リーダーアプリが登場!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。