ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古今東西の世界史の悪役や隠れた名脇役51人に光をあてた本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『世界史の叡智 悪役・名脇役篇』本村凌二/中公新書/820円+税

 今もイラン人が尊敬してやまないペルシャ帝国の始祖キュロスや貞観の治で名高い唐の李世民など、歴史に名を残す名君はもとより、独裁、売国などの烙印を押された悪役や隠れた名脇役たち51人に光を当てた書。古今東西の事例から世界史のロマンに誘う。

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
化学調味料不使用 シンプルだからごまかせない醤油ラーメン
『あまちゃん』後番組の杏 重圧で倒れることをスタッフ心配
名脇役平泉成 「お金さえくれれば、どんな役でもよかった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP