ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『超新星』ユナク 日本映画初主演作もラブシーンで出演悩んだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 K-POP界のプリンスがハードなラブシーンに挑戦!? と話題を呼んでいるのが映画『無花果の森』(いちじくのもり)だ。

「最初は事務所もぼくも出演を悩みました。キスシーンやベッドシーンがいちばん気になったし、原作は日本でベストセラーになった良い作品だから、日本のみなさんにぼくの日本語で、ちゃんと伝えられるのか心配になって」

『超新星』のリーダー・ユナクは、日本映画初主演作である『無花果の森』のオファーがきた時の不安な気持ちを、流暢な日本語で振り返った。

 ユナクが演じたヨンホは、日本に留学してジャーナリストを目指す韓国人青年だ。彼は世界的に有名な指揮者の妻・泉(原田夏希)へのDV疑惑を追うなか、あることをきっかけに警察に追われることになり、夫のDVから逃げ出した泉と偶然、再会。ふたりは激しく惹かれあう。

 2009年の日本デビュー以降、スターダムを一気に駆け上り、2011年に韓国男性の義務である兵役に就いたユナクは、昨年7月に除隊。その後すぐに参加した超新星のライブでも変わらぬ人気を博している。そんなトップアイドルが、日本映画でハードなラブシーンを演じることに踏み切ったのは監督のこんな言葉が強く心に響いたからだ。

「ぼくが舞台をした時に、監督さんが来てくれて、映画についていろいろ説明してくれたんです。ぼくも心配なこととか話したんですが、“大丈夫、ぼくを信じてほしい”と言ってくれて。その言葉で決意しました」

 しかし、ふたりの秘めた思いを表す重要なキスシーンを前に、やはり彼は戸惑った。

「監督から、“あなたは泉と結ばれたいんだよ。泉もあなたにとても強く惹かれている、でもシャイだから自分からは言えない。だから、そんなふたりを結びつけるキスシーンだけは、原作のためにも頑張ってほしい”と言われて、腹をくくりました。現場では2時間前から“彼女を愛してる愛してる…”って自分に言い聞かせて、気持ちを奮い立たせたんです(笑い)」

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長澤まさみ 撮影中の映画に「濡れ場はない」と語るも真相は
韓ドラファン女性 「日本のTV局はキュンポイント知らない」
チャン・グンソク 韓国の映画祭で日本から来たファンを気遣う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP