ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意識高い系ビジネスマンの今後とその限界について識者が考察

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブームにもなった仕事術、自己啓発系のビジネス書は今売れているのか。人気雑誌のリニューアルから「意識高い」系ビジネスマンの今を、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。

 * * *
 この6月、『日経ビジネスアソシエ』がリニューアルしました。そう、ビジネスパーソン向けの「自分磨き雑誌」ですね。意識高い系雑誌です。

 今回のリニューアルですが……。率直に時代遅れ感が半端ないなと思いました。そして、この雑誌だけでなく、「自分磨き」というものの限界を感じた次第です。なぜ、そう感じたのか?そもそも、「自分磨き」で幸せになれるのか?私が解説しましょう。

 皆さんの中には、「そもそも、『日経ビジネスアソシエ』って何?」という人もいることでしょう。簡単に説明します。この雑誌は『日経ビジネス』の姉妹誌として、2002年に創刊されました。『日経ビジネス』が主に中堅クラス〜経営トップ層をターゲットとした、日本経済や企業の経営の動向を伝える雑誌だったのに対して、『日経ビジネスアソシエ』は20〜30代の若手ビジネスパーソンを対象にしています。ビジネス界のトピックスを伝えつつ、スキルアップ、仕事術のノウハウが満載、キャリアについてのヒントに満ちたものになっています。

 創刊当初は月刊誌でしたが、その後、隔週刊に。若手ビジネスパーソンを中心に人気を集めました。ライフハックや勉強会のムーブメントなどもブームのかなり前から取り上げていました。あの勝間和代さんが、まだ外資系証券会社に勤務していて、書籍デビューする前、彼女に注目し、連載を企画したのはこの雑誌です。「手帳活用術」を特集した2007年11月6日号で部数は過去最高になりました。

 しかし、その後、部数は下降。雑誌の事情に詳しい方によると現在の部数はピーク時の3分1以下だとか。2012年にはついに月刊に戻りました。

 この春には編集長も泉恵理子さんに交代し、このたび発売された2014年7月号からリニューアルが行われました。リニューアルですが、ポイントは大きく2つです。

1.登場人物の変更

 これまで紹介してきた企業内イノベーターなどの、活躍する若手ビジネスパーソンだけでなく、著名経営者、話題の人物も積極的に紹介。

2.15本の新連載

 連載が総入れ替えに。なんと、15本もの新連載のスタートです。ベストセラー『スタンフォードの自分を変える教室』の著者、ケリー・マクゴニガルさんが、日本の雑誌に初めての連載を掲載。NHK連続テレビ小説「花子とアン」の原案者であり、作家の村岡恵理さんの連載も。経営者や話題の人へのインタビュー企画、各界の著名人のリレーコラムなども始まりました。

 この2点が大きなポイントです。その他、2014年5月号から表紙の文字も明朝体になり、より上品なイメージになりました。

 ここまで見ると、かなり気合いが入っているように見えるリニューアルなのですが……。実は元読者だった私に言わせると、「いったいどこが変わったか分からない」というのが率直な感想です。

 泉編集長はリニューアルの挨拶で「著名経営者、話題の人物も積極的に紹介」と言っているのですが、その例として出ているYahoo!の副社長や、『島耕作』シリーズの著者弘兼憲史さんというのは、既視感のある登場人物です。著名経営者で言うならば、カルロス・ゴーンクラスも含めて初期にとっくに登場しているわけで。何が新しいのかわかりません。

 新連載15本というのはパワーがかかるわけで本気度を感じますが、目新しい企画はありませんでした。なんせ、連載のコーナーが変わっても、やはり登場人物がこれまでとあまり変わらないと感じるのです。LINEの森川社長に、朝井リョウさんに、荒川静香さん。既視感、ありまくりです。

 自分磨き系のノウハウや、著名人のインタビューもいまや、ネットで手軽に読める時代です。日経ビジネスオンラインや東洋経済オンラインなど、無料で読むことができるビジネス系サイトは実に充実していると感じます。ただでさえ雑誌にとって苦しい時代なのです。これで勝てると思っているのか。心配になりました。

 ここまでは、『日経ビジネスアソシエ』のリニューアルについてのツッコミどころでしたが、ここからさらに広げて、自分磨きや、それに代表される意識高い系の限界について考えてみることにします。

 もともと、『日経ビジネスアソシエ』がスタートした頃は、大企業も含めて日本のビジネス界の先行き不透明感が漂っていたため、会社にしがみつかずに生きている個人を応援するというミッションがありました。ただ、この十数年で可視化されたのは、個人がいくら努力しても限界があるということではないでしょうか。一世を風靡したカツマーブームの終焉は、単に勝間和代さんが飽きられただけではなく、やっぱり頑張っても勝間さんのようにはなれないんだ、さらに、経済環境がよくならないと努力しても意味がないのだということにみんな気づいたからではないでしょうか。勝間さんの本に限らず、自己啓発系、仕事術系の本で売れている本の噂はほぼ聞いたことがありません。

 自分自身、『日経ビジネスアソシエ』のかなり熱心な読者で、学んだ仕事術も職場で試しましたし、勉強会も通っていました。ただ、経済環境や会社そのものの調子が悪いと努力しても無駄だと気付きましたし、そもそも意識高い取り組みをやる前に、自分の仕事を努力しなければ意味がないと思った次第です。

 やや意地悪な言い方をするならば、自分磨きというものは「自分さえ生き残ればよい」という発想です。自己満足であり、自己保身にしかすぎません。今、真に意識高い人にとって必要なのは、社会がどうなっているのかを直視すること、その上で社会をどうするかを考えることです。この時点で『日経ビジネスアソシエ』に代表される自分磨きは、意識が高そうで、実は極めて低いのではないかと思ってしまうわけです。

 というわけで、『日経ビジネスアソシエ』のリニューアルをキッカケに自分磨き、意識高い系の限界を感じてしまった次第です。はい。読者は果たして増えるのでしょうか。激しく傍観したいと思います。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【おトク】「マネー五七五」作品募集 優秀作にはクオカード進呈
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP