体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相乗り版Uberが話題!?競合の約半額の料金が魅力の配車サービス「Hitch」

Hitch

Uberを筆頭に、様々なサービスが参入しあっという間に激戦区となった配車サービス市場。米国に限らず、ヨーロッパや中国などでも、現地発のサービスも含めかなり乱立している。

そんな中で、今ちょっとした話題になっている配車サービスがある。それが「Hitch」というサービス。このサービスの最大の特徴は、UberやLyftといった競合に比べて、約半分程の料金で乗車ができるというその安さだ。

その価格が実現できている秘密は、簡単に言うと「相乗り」。これが他のサービスと「Hitch」が違う部分でもあるが、1人で乗るのではなく、他の乗客と相乗りをするのだ。

もう少し説明を加えると、「Hitch」ではまずユーザーが現在地と、目的地を入力する。それをもとに独自のシステムで、乗車地点と目的地点が似ているユーザーや、進行ルートの途中で乗車を希望するユーザーをピックアップし、一度に乗車する人数を増やす。

こうすることで、1人あたりの料金を安くしても、きちんと成り立つような仕組みを構築することができるのだ。

もちろん、ユーザーの快適さや安全を担保する必要があるので、乗車する前にドライバーはもちろん、相乗りをする乗客のプロフィールも閲覧することができる。

乗車後には、双方のレビューをすることで、相乗りをする際の乗客の相性の精度を高くすることも目指しているとのことだ。

このホットな市場でどこまで普及していくのか、今後が楽しみなサービスだ。
Hitch

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy