体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人と中国人の間に挟まれ「文化ギャップ」を埋めている人の存在を忘れないで

生活・趣味
日本人と中国人の間に挟まれ「文化ギャップ」を埋めている人の存在を忘れないでこんにちは。中国在住の日本人ライター、Hanaです。今回は、このシリーズのまとめとして、中国企業との取引におけるメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

まずは、輸入におけるメリットから。中国と日本との間には、地理的な近さ、文化的なつながりの深さがあることに加えて、コスト面のメリットもまだ現在の時点では大きな要素となっています。以前に比べて人件費が上がったとはいえ、日本国内で生産するのと比べると、やはり中国の方がコストは低く抑えられるからです。

日本のお客の不満を聞き、中国側と交渉するストレス…
うーん、お腹痛い!
既存の中国企業、あるいは中国に工場を抱える外資企業に生産委託をするという方法も広く用いられており、その場合、新たに設備投資する必要がありません。商品に大きな問題がなければ、運送費、検査費用などを差し引いても、まだ利益を出せる状況です。

現在の中国国内には、日本人のニーズをある程度満たす商品をすぐに生産できる工場がごまんとあります。生産委託するなら取引先は慎重に選ぶ必要がありますが、いずれにしても、何もかも一から投入するのと比べて、時間もお金も労力も少なくて済むわけです。

また、輸出先としてのメリットもあります。若年層の人口規模を考えると、日本企業にとって中国は非常に魅力的な市場といえます。日本から中国への輸出、あるいは日本企業が中国国内で現地生産・販売しているものもよく見かけます。

食品、日用品、電気製品、車に至るまで、日本企業の名の付く商品には信頼性があるので、中国人も少しでもお金に余裕があれば、好んで購入する傾向にあります。

一方、このようなメリットの裏で、苦労をしている人たちがいます。自社生産にしても委託生産にしても、通常の輸入にしても、金銭的メリットの影で犠牲になっているのが、日中の間に挟まれる「日本人担当者の心身」であるように私には思えます。

それは現地法人の社長、工場の管理者などはもちろん、日本にいながら中国側と折衷するコレポン(商業文)担当者、またお客様とじかに接する営業、あるいはカスタマーサポートのオペレーターなども含めてです。

政治的話題、衛生上の問題にも気を使う
簡単に言えば、彼らは日々、日本人と中国人との文化のギャップを埋める作業をしなければなりません。日本のお客様からの不満を一身に受け止め、かつ、反応が鈍い傾向にある中国工場側に、どうにか問題点を理解してくれるよう必死に訴えるのです。

純粋な業務上の問題以外に、現地に駐在の方々には別の面で気を回す必要もあります。例えば、日本人は政治的な話題を避けて通りますが、中国人の中にはまともに敏感な話題を振ってくる人も少なからずいます。そんな時、企業担当者としてはあくまでも穏便にやり過ごさねばなりません。

また、中国に駐在している担当者にとって、衛生面の問題も見逃せません。現地にいれば、当然ながらこの問題にもいや応なく直面します。私が日本に帰るたびに感じることですが、日本の地面(舗装された道も含め)は本当に清潔だと思います。

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会