ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行達人が教える、旅で人生を変える3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いまの生活も悪くないけれど、なにか足りない…。ふと、そんなふうにいまの自分に変化が欲しいときがあります。
暮らしに変化をつけるアクションとして思いつくのが、「つきあう人を変える」「仕事を変える」「住む場所を変える」の3つ。でも、どれも思いつきでできることではありませんよね。
しかし、家を断捨離して旅する旅行の達人・大濱幸太郎さんは、これらは「旅をすること」で簡単に実践できると言います。

つきあう人を変える=旅で新しい出会いを楽しむ

旅は出会いの宝庫。旅に出ると人はオープンな気分になり、出会った人と話すことが、いつもより楽しくなります。
他人の言葉や価値観を受け入れやすくなりますので、結果、「つきあう人を変えた」ことと同じような体験ができます。

仕事を変える=旅で日常から離れてみる

仕事を変えずとも、旅をすることで日常を離れ、いまの仕事を一時的に忘れることができます。
旅をして自分のいる環境を限りなく仕事から遠ざけると、「仕事を変えて新しい生活を送った場合の自分」をイメージすることができます。
人によっては、いまの仕事のよさに気づくことも多々あります。

住む場所を変える=旅で実際に環境を変えてみる

住む場所を変えることは簡単ではないですが、旅で環境は変えられます。
旅は強制的に生活圏外へ出ることができ、環境が変われば、その場から受け取るインスピレーションで、思考や感情が大きく動かされ、新しい自分を感じることができます。
旅をしたら、グルメとショッピングで終わらせずに、ちょっと視点を変えてみる。それだけで、人生に大きな変化を与えてくれるのですね!
大濱さんが家を断捨離して365日旅をしながら感じた人生の変化、そしてどうやって365日、定住しているときと変わらないコストで旅ができるのかは、彼のセミナーで聞くことができます。
「毎日が旅!」とまではいかなくても、夏休みを利用して新しい自分を発見してみたいですね。
Happy kid image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
クレオパトラも入った伝説のスパで、心も体も若返ろう
疲れを感じたときは、ときの流れを感じてみよう
USJよりひと足お先に! 映画の雰囲気そのままのハリポタの世界

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP