ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理写真の人気アプリ 思わず「いいね!」押したくなるのは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レストランで料理の写真を撮るのはマナー違反かという話題がスマートフォン普及とともに繰り返されている。この問題に結論は出ていないが、スマホまたは携帯電話のカメラで何を撮影しているか20代~60代の女性に聞いたところ、1位に子ども、2位に食べ物となった。デジカメや一眼レフでは1位に子どもがある一方で食べ物は上位に入らず、スマホでは圧倒的に食べ物を撮っていることがわかる(株式会社アスカネット調べ)。

 スマホのカメラで食べ物の写真を撮ってはSNSへ投稿する女性は多いが、なかなかおいしそうで、かつオシャレな写真を投稿できないと悩む人も少なくない。写真の腕がそれほどでなくても、他の人が思わず「いいね!」を押したくなるような料理写真を撮りたい人へ向けて、様々なカメラアプリが提供されている。ここでは代表的なものとその特徴を紹介しよう。

■SnapDish
 130万ダウンロードされている料理カメラアプリとしてはもっとも代表的なもののひとつ。明るさ調整は「レア」「ミディアム」など料理用語から選び、指で画面をこすることでぼかし効果をつけられる。連携するSNSもFacebook、Twitter、mixi、Tumblrなど多種類が用意され、Evernoteやブログへも共有できる。投稿したあとで写真右上にある「共有」をタップするとLINEなど他アプリでも共有できる。

 レシピを加える機能が充実しているので、自分でつくった料理や弁当の写真をメニューやレシピとともに載せるユーザーが多い。NHKの「みんなのきょうの料理」他レシピ情報や「創美食品」「ヤマサ醤油」などの食品会社などの公式アカウント数も多い。なお、写真のトリミングはしないので、横長を避けてもっとも強調したいものを中心に寄って撮るなど、画角の審美眼は磨いたほうがよい。

■ミイル
 SnapDishより後発ながらすでに50万ダウンロードを超えた料理カメラアプリ。写真を正方形にトリミングしてから投稿する。写真の効果も「イチガン風」「トイカメ風」など5種類あり、グラフが表示され、指で変化を見ながら色味を選ぶことができるなど直感的な操作が可能。今回、紹介するなかではもっとも易しく料理写真をセミプロのように加工しやすい。写真がカレンダー表示されるため、一言コメントを日記代わりに投稿している人が多い。

 連携できるSNSはTwitterとFacebookとPath。数は少ないが、Pathを経由してTumblrやFoursquareなどへのクロス投稿が可能だ。他ユーザーから「いいね!」にあたる「食べたい」をもらうときのため写真の左上に数字が入ったハートマークがつくためか、自作の食事や弁当を投稿する女性が目立つ。

■食べラ
 日本最大級の口コミレビューサイト、食べログを運営するカカクコムによる料理カメラアプリ。食べログ会員にならないままで、食べログの店舗情報を投稿に参照できる。すでに紹介した2つのアプリに比べると、圧倒的に外食の写真が多くユーザーにも男性が多めの印象だ。

 写真は正方形にトリミングしてから投稿する。Instagramのように枠をつけての投稿も可能。ただし、写真につけられる効果の名前はすべて英語表記だ。連携するSNSはTwitter、Facebook、食べログ。アプリの容量はSnapDishやミイルよりも小さいが、レスポンスが遅いのが気になる。

■Instagram
 世界で月間アクティブ数が2億人を超える画像・動画共有アプリ。料理カメラアプリではないが、料理写真投稿に利用する人も多い。写真は必ず正方形にトリミングされる。そのことによって、スマホでは正方形の画像が見やすいという発見をもたらした。

 写真のトリミングだけでなく、他に色味を変化させ、枠などをつけられる。効果の数が多すぎて、食べ物なのに青色を強くしてしまい美味しくなさそうになることもあるので要注意だ。結局、何も効果をつけず投稿されていることが多い。連携できるSNSはFacebook、Twitter、Tumblr、Foursquare、Flickr。前述の3種類のアプリに比べると写真に対するリアクションは少なく、Facebookでの友人などに限られることが多い。

――料理写真に役立つ4種類のアプリを紹介した。スマホアプリに詳しくレビュー記事を定期的に執筆しているライターは、それぞれの特徴と自分との相性を見定めてどの料理カメラアプリを選ぶが決めるとよいだろうという。

「連携先SNSを多く持ちたいなら『SnapDish』、直感的に操作するなら『ミイル』、外食の記録も兼ねたい場合は『食べラ』、料理だけでなく写真を共有したいなら『Instagram』。それぞれ写真加工するときの操作性が異なるので、アプリ紹介動画などで使いやすさを確認してから利用するのがよいでしょう」

 食事のときに写真を撮る行為は、今後も議論を呼び続けるだろう。だが、紹介したものをはじめ、多くの共有機能を充実させた料理写真向けアプリがユーザー数を増やしている。美味しいものを食べる幸せを一人でも多くの人と分かち合いたいという気持ちが抑えられない人たちのほうが優勢なようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カメラで選ぶスマホ3機種と写真加工でお勧めアプリ2つ紹介
太ったり数十年後の姿を見られたり… 写真加工アプリが続々
ヤングなでしこ・仲田歩夢 色白ポニーテールでドリブル名手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP