ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平幹二郎 犬のように歩き教わった「消して、存在する感覚」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 活動歴が50年を超え、80歳の今もなお舞台で活躍する俳優、平幹二郎はキャリアを俳優座の座員としてスタートさせた。俳優座時代、同時期に活躍した仲代達矢主演『ハムレット』でホレイショー役を演じたとき、演出の故千田是也さんから受けた教えについて平が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載「役者は言葉でできている」から抜粋してお届けする。

 * * *
 平幹二朗は高校時代、映画監督を志す。当時は監督になるには大学を出て映画会社に就職し助監督として採用されるしか道はなかった。が、平は数学が全く出来なかったため大学進学を諦めていた。そんな1952年、19歳になった平は演劇雑誌で俳優座養成所の募集広告を見かける。演出部もあるため、ここをきっかけに映画監督になる道が開けるのではと思ったのだ。

「演劇を目指した演劇青年ではありませんでした。ですから、養成所の後で俳優座に残ることもできたのですが、本気で演劇をやる気は僕の中にはなかった。

 本気になったのはそれから4、5年経ってからです。その頃は東映でたくさんの時代劇映画に出ていました。映画に出ていると俳優座の芝居での役の付き方が少なくなっていった。そんな時に、小沢栄太郎さんがシェイクスピアの『十二夜』を若手だけ使って演出されることになったのですが、主役は下級生たちで、僕は一言くらいしか台詞のない船乗りの役でした。

 京都で時代劇の撮影をして、東京で舞台の稽古をして京都へまた戻るという生活で、稽古に身が入ってなかった。そこを小沢さんに見抜かれました。『お前、やる気あるのかよ!』と怒られまして。どんな役でも一生懸命やらなければならないのはよく分かっているのですが、つまらない役はやっぱりつまらないですから。

 ちょうど千田是也さんが田中千禾夫さんの『千鳥』という芝居を同時上演することになり、いい役で僕を引き抜いてくれたんです。それがなかなかいい作品だったので、少し本気が出てきた気がします」

 その後、平は俳優座のトップである千田是也が演出する舞台に数多く出演することになる。1964年、日生劇場での千田演出の『ハムレット』では、仲代達矢演じる主人公の親友・ホレイショー役を任された。

「墓掘りが真ん中にいて昔の人の頭蓋骨を見ながら『生と死ははかないものだ』と話をする有名なシーンがあります。そこで仲代さんと僕は考え深く話を聞きながら歩くんですが、僕には台詞がありませんでした。

 それで自分なりに役を一生懸命作ろうと思いまして。時々立ち止まったり、考え込んだりとやっていたら、千田さんに『お前は犬のようにただ付いて歩きゃいいんだ』と言われまして。その時は『ああ、俺は主役じゃないから馬鹿にされている。仲代さんだけ贔屓して、俺はただ犬のように歩くのか』と思いました。ところが、この時の僕の芝居がとても評判が良かった。

 後になって気づいたのは、犬が人間に忠実に後をついているように何もしないで黙々と歩いていれば、ハムレットを心配する友人の姿が出るんだということです。

 自己主張なんていらないんですよ。その場面で必要なのは仲代さんが墓掘りと生と死を語ることだけであって、僕の役はハムレットにただ従って歩いていることで親友関係は表現できる。自己主張ばかりでなく、消していく。『消して、存在する』ということを、千田さんは僕に教えてくださったのだと分かりました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)ほか新刊『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)が発売中。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏八木勲 俳優座「花の十五期生」として三年間で気づいたこと
前田吟「飯を食い生きるため、家族を養うために演技がある」
金城武の姪の台湾美女 濡れたYシャツから透ける艶やか肢体

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。