ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハート型の円形脱毛珍しい! ブログに書く!」と興奮する医者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中にはとんでもないお医者様がいるという。エステティシャンのMさん(23才)が体験した、辱めを告白します。

 * * *
 23才の若さで円形脱毛症になってしまいました。髪を結ったりしてごまかしていたけど、とうとう隠し切れなくなり、皮膚科へ。そしたら担当の先生が若くてイケメンでビックリ! とたんに円形脱毛症が恥ずかしくなり、来たことを悔やんじゃった。

 とはいっても後戻りできないので診てもらうと、頭の上から何やらバシャバシャとカメラのシャッターを切るような音が…。見上げて「何しているんですか?」と聞くと、カメラを手にした先生が「いやいや、ハート形の脱毛は珍しいんで…」と、興奮を抑えきれない様子。「失礼です!」と憤っても、「いや~、これはいい形だわ」とどこ吹く風。

 診察そっちのけで「この縁起のいいハートマーク、ぼくの彼女にメールしていい?」と聞いてくるから、きっぱり「困ります!」って断ったの。

 それでも先生はめげずに「じゃあ、ぼくのブログの“今日のオモシロ患者”に載せていい?」だって。もっと、ダメに決まってるでしょッ。ここまで頭がスッカラカンの医者だと、話すのもイヤ。最後は無言で診察室を出てきました。

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
9才女児 ジュースおごらされたりゲーム要求され円形脱毛症に
ベッドに横たわって鎖骨出しこちらをじっと見つめる黒谷友香
これは良い食べ合わせ「ひじき×黒ゴマ」で円形脱毛症予防

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP