ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3Gに対応したLG-W105S/Lが韓国で認証を取得、LG G Watchのセルラーモデル?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG G Watchのセルラーモデルと見られる「LG-W105S/K」が、5月15日付けで韓国の電波認証機関 国立電波研究所(RAA)の認証を取得していたことが分かりました。LG G WatchはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチで、Wi-FiとBluetoothのみに対応した「LG-W100」がその一つだと判明しています。LG G Watchの詳細はまだ公開されていないので(おそらくGoogle I/Oで発表される)、モデルラインアップは不明なのですが、RAAの認証を取得した「LG-W105S/K」は3Gの周波数帯で認証を取得しています。同じ“LG-W”の型番を採用していることからこれらはLG G Watchの一つで、音声通話やパケット通信にも対応したセルラーモデルだと推測されます。Source : NAVER



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11を搭載したXperia Z2 Tabletの写真、今後、FreeXperia Projectビルドとして配信される見込み
Googleマップの累計インストール回数が10億の大台を突破
Galaxy Note 4とみられる「SM-N910A」は5.7インチ2Kディスプレイを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。