ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fiにも対応したSamsung製スマートウォッチ「SM-R382」がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsung未発表のウェアラブルデバイス「SM-R382」が6月12日付けでFCCの認証を取得しました。FCC IDは「A3LSMR382」です。“SM-R”で始まる型番はSamsungのスマートウォッチで採用されています。これまでに発売された“SM-R”型番の製品は、Gear 2(SM-R380)、Gaer 2 Neo(SM-R381)、Gear Fit(SM-R350)の3つです。型番の割り当てを考えると、今回の「SM-R382」はGear 2シリーズのスマートウォッチと予想されます。本体のサイズは横37mm x 縦46mmです。Gear 2/Gear 2 Neoよりも縦サイズが小さく、それらよりも小型の製品になるとみられます。また、ワイヤレス機能では、Gear 2シリーズはBluetoothのみに対応していますが、「SM-R382」はWi-Fiでも認証を取得しているので、既存のGear 2シリーズとは全く異る製品だと考えられます。SamsungはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチを開発していると噂されています。今回の「SM-R382」はそれなのかもしれません。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo Yoga Tablet 8にAndroid 4.4.2へのアップデートが配信開始
Galaxy S 5グルーバル版は今月中にAndroid 4.4.3にアップデートされる見込み、Galaxy S 4は7月に実施予定
LG、Snapdragon 805を搭載したLG G3ベースの新モデルを7月に発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。