ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自意識過剰すぎて狂いそう」な人、大募集! 新卒・既卒向け「ナルシスト採用」がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活がバカらしくてやめた若者向けに「就活アウトロー採用」というユニークな就職サービスを提供したNPOキャリア解放区が12日、新たな企画を開始した。その名も「ナルシスト採用」。新卒と29歳までの既卒で、次のような条件に当てはまる人が対象だ。

・鏡付きのエレベーターに一人きりで乗った時、テンションが上がる
・自意識過剰すぎて、狂いそうで、どうしていいか分からない
・人に優しくできる美しい自分も、これまたたまらなく好きだ

「社会への違和感」を押し殺せない人材を採用
カリキュラムは7月15日の説明会を振り出しに、参加者同士での「ワークショップ」と、企業の経営者などを交えた「セッション」、参加者と企業が相互に理解して合意すれば採用にいたる「マッチング」の3段階で進められる。

キャリア解放区代表の納富順一さんによると、ワークショップやセッションの中身は「全く新しい試みなので」参加者の性格や人となりを見てから最終的に決定するという。ナルシストたちの個性を引き出し、それを社会と繋げていける場にしていきたいと意気込む。

「社会システムへの違和感やバカらしさを押し殺せず、制度や文化を俯瞰し、自分の感性や感覚を軸に物事を捉え判断していくことができる、マニアックなナルシスト人材を集め、企業社会との新しい接点を模索したいと考えました」

参加企業の名前は、事前には明かされない。従来の就活イベントは「企業名ありき」で、広告にも「厳選優良企業30社」「有名大企業が多数登場!」といった文字が踊ることが多い。「ナルシスト」というコンセプト一点突破の企画で、果たして参加者は集まるのだろうか。

納富さんは「現在すでに10名ほどの申し込みが来ている」と明かす。

「希望者は意外にも、高学歴の人が多いです。好奇心が強く、古い社会システムに疑問を持っている人が『なんか分からないけど面白そう』と思って参加してくれているのではないかと思います」

個性と協調性の「折り合い」がキモになる
こうしたスタイルは、キャリア解放区が2012年から行っている「アウトロー採用」にも通ずる。「就活がバカらしくてやめた若者」のためのプログラムで、2014年の説明会には約250人の参加があり、現在進行中。前年は3分の1ほどの参加者数だったものの、約20人の採用も決まり、反応も上々だった。

アウトロー採用での「マッチング」では、企業と参加者がお互いに理解をするために「自分の哲学」を語り合う場をつくったという。

「テーマは『欲』『恥』『死』などの抽象的なもの。フラットな立場で語り合う場をつくりました。経営者や採用担当者は会社名を明かさず、1人の人間として本音で語る。本気度が伝わって、採用が決まった例もありました」

たとえば知名度の低いBtoBメーカーは、「大企業・安定志向」の学生たちから注目を集めることが難しかったが、企業名や企業規模、認知度が問われない場で偏見のないコミュニケーションが取れ、採用につながった。

アウトロー採用では、ITや人材、出版、製造業の会社が参加して採用実績をあげた。ナルシスト採用でも、個々人の譲れない個性やこだわりと、企業がチームでパフォーマンスを発揮する際に求める協調性の間で、「どれだけ折り合いをつけられるかがキモになる」と、納富さんはみている。

君、相当生意気でしょう、の質問に「ハイ」と答えて採用された会社

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP