ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“誰が”ではなく“何を”投稿したか、コンテンツファーストのSNS「OnStaged」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたはTwitterをやったことがあるだろうか?もしあるなら、Twitterで多くのリツイートをされるような人気のある投稿とはどんなものか、思い起こしてみてほしい。

実際にTwitter上で人気になるようなツイートの多くは、フォロワー数の多い有名人のツイートが大半ではないだろうか。これはTwitterに限らず、様々なソーシャルメディアで共通している。

著名人の何気ない投稿が人気を集める一方で、一般人の質の高い投稿はあまり日の目を浴びることがない。そんなちょっと切ない問題を解決しようとしているサービスが「OnStaged」という今回紹介したいサービスだ。

このサービスの仕組み自体はこれまでTwitterや他のソーシャルメディアを使ったことがある人ならすぐに理解できる、シンプルなもの。140字までのテキストや写真を簡単に投稿できる一般的なSNSだ。

ただ、この「OnStaged」の大きな特徴は、コンテンツをきちんと読むまで誰の投稿かがわからない点と、フォローのような概念がないことである。これは、上述したような問題意識から、人ではなくコンテンツによりフォーカスをしたSNSを作りたいという思いがあるからだ。

具体的には、まずユーザーのタイムラインには、全てのユーザーの投稿が表示される。そして、タイムラインを眺めるだけでは投稿者が誰かはわからず、その投稿が好きか、嫌いかの意思表示をして初めて、誰が投稿したのかを把握できる。

最近少し話題になっている匿名性のSNSとは違い、コンテンツを重要視しながらも、条件を満たせば誰の投稿かがわかるようになっている。

正直どのくらいのニーズがあるのか、どれくらい継続して使われるのかかなり未知なサービスであるだけに、今後の展開に注目したいサービスだ。
OnStaged

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP